脊髄損傷に対する再生医療

札幌医科大学の研究グループが
脊髄を損傷した患者本人の骨髄から取り出した幹細胞を培養し
患者の静脈に戻して運動機能を回復させる臨床試験を始めると発表した

脊髄損傷はリハビリ以外に治療法がほとんどないと言われている

spinal1[1]
脊髄損傷(画像は慶応大GPのものをネットから拝借)

脊髄損傷を対象にした再生医療の治験は
もちろん国内で初めてということである


研究グループによると
患者の腰の骨から骨髄液を採取し間葉系幹細胞を分離して
約2週間増殖培養し静脈に点滴するというもの

投与された細胞は脊髄の損傷部位に移動して
神経細胞に分化したり
タンパク質を分泌して傷ついた神経細胞を再生させたりする

神経が再生されると手足が動かせることが期待される

治験ではその治療法の効果や安全性を確かめることになる

有効性や安全性が確認できれば承認に向け
さらなるステージの治験に移る方針のようだ

対象になるのは
脊髄を損傷してから14日以内で
脊髄のうち主に首の部分を損傷した患者


この治験では限定的な患者を対象として実施されるが
このような治療法が一日も早く確立され
患者を苦しみから解放してあげることができればと願うばかりである



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pottery cozy

Author:pottery cozy
FC2ブログへようこそ!

陶工房/宏磁窯の他愛ない出来事を綴ります

ニックネーム:pottery cozy
都道府県:徳島県
性別:男性
血液型:AB
その他:1951年生まれ,射手座

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR