ソウルでの遭遇

昨年,上の娘から夫婦で韓国旅行に招待された.

相方の韓国ドラマ熱に影響を受けて
私もハングルの勉強を始めており
ぜひ現地でハングルを使ってみたいと思い
二つ返事で甘えることとした.

丁度,昨年の9月の話だ.
陶芸にかかわる面白い偶然を紹介しよう.

韓国では利川(イチョン)が陶芸の本場と聞き
是非とも訪れたかったが
現地で尋ねると
オプションで行くには
少し面倒なことになりそうだとわかり
あきらめた.

その代わりといっては変な話だが
仁寺洞(インサドン)のみやげ物屋さんで
陶芸品を見て回ることにした.

売られているのは青瓷と白磁がほとんどで
自分の興味を満たすことはできなかった.
変わったものは白化粧を見事なまでにきれいに削り
模様にした青瓷とか
三島手のもの
二重作りの精巧な彫り物などが中心だった.

ところが
土産店通りを抜けた祭り広場前の
偶然通りかかったビルの地階で
鄭鎭元(チョン・チンウォン)とおっしゃる方が
陶芸展をしていたので
図々しくも見せてもらおうと訪れた.

そこで展示されていたのは
珍しくマット調の釉薬を使用した陶器であり
ダイナミックさを覚え
見ごたえがあってとてもすばらしかった.

20100925チョン先生
チョン先生から頂いた陶芸展のハンドアウト
(クリックすると少し大きくなります)



更に鄭先生がわざわざ挨拶に来てくださったので
ハングルで日本人であることを伝えた.
帰り際,娘さんと思われるきれいなお嬢さんが二人
日本語で挨拶してくれた.

陶芸らしさに触れることができ
満足して会場から出ると
相方がなにか怪訝そうな顔をしており
訳を尋ねると
そのお嬢さんの一人を韓国ドラマで
見覚えがあるような気がすると言うのだ.

ドラマは覚えているが
名前がわからないというので
引き返して尋ねるわけにもいかず
その場を後にした.

日本に帰ってネットで確認したら
間違いなく女優さんで
チョン・スヨンという方だった.

更にこの鄭先生もかなり著名な陶芸家で
かつ大学教授だとわかった.

後日,私が陶芸をしていることや
このエピソードをお伝えしたくて
鄭先生にメールを出したが
英語で書いていたため
ジャンクメール扱いされてしまったのか
返信は頂けずそこで頓挫してしまった.

最近
久しぶりにそのお嬢さんのことを
ネットで検索したら
今年結婚されたと言う記事があった.

私が女優さん相手に言うのも変な話しだが
是非とも幸せな家庭を築いて欲しいと願っている.

チョンスヨンさん
チョン・スヨンさん(聡合ニュースより)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あらあら

招待なんてまた大げさな(笑)
でもあの韓国の旅は楽しかったよね!
ガイドブックに載ってないようなところでおいしいものにもたくさん出会えたし、期せずして陶芸も楽しめたし。
また行こうね。

お金貯めな(笑)

No title

上の娘 さま

こちらにもコメントが入っていたとは知りませんでした

去年の旅行はホントに色々なことが
体験できて楽しかったね

食事も美味しかったし
会う人は全て親切だったし
地下鉄で移動するのも面白かったね

また行きたいね
プロフィール

pottery cozy

Author:pottery cozy
FC2ブログへようこそ!

陶工房/宏磁窯の他愛ない出来事を綴ります

ニックネーム:pottery cozy
都道府県:徳島県
性別:男性
血液型:AB
その他:1951年生まれ,射手座

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR