抗認知症薬

以前 抗認知症薬として
ガランタミン
承認申請されていることを記事にした

ガランタミンはヒガンバナ科の植物に
含まれる植物アルカロイドである

植物から取り出されるからといっても
決して毒性が低いとは限らない

トリカブトなどがそのよい例だ

ガランタミンも摂取量によっては
強い毒性を示すが
適量を摂取することで治療薬となる

ちょっと難しい話しになるが
ガランタミンは
アセチルコリンエステラーゼを阻害し
アセチルコリンの分解を抑制して
シナプスのアセチルコリン濃度を高める一方で
ニコチン性アセチルコリン受容体に結合し
アセチルコリンに対する受容体の感受性を高めることで
神経刺激伝達を増強させる

軽度及び中等度のアルツハイマー型認知症に奏功するそうだ

以前も書いたが 
私の大学時代の論文テーマが
ヒガンバナ科アルカロイドである

ガランタミンは
レミニールという薬剤名で3/22に発売された

開発には自分が直接関与したわけではないが
治療薬として日の目を見たことに 
感慨深いものを感じる


このほか高度及び中等度の進行抑制の
メマリー錠が6/8に発売となると
最近の業界新聞の記事となっている

さらには軽度・中等度の進行抑制貼付薬
リバスチグミンも4/22に承認された

アリセプトと併せ
世界標準の4剤が日本でも揃うこととなる


いずれの薬剤も
病状の進行を抑えるだけだが
高齢化が進むこの社会で
少しでも貢献してくれれば
ありがたい
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pottery cozy

Author:pottery cozy
FC2ブログへようこそ!

陶工房/宏磁窯の他愛ない出来事を綴ります

ニックネーム:pottery cozy
都道府県:徳島県
性別:男性
血液型:AB
その他:1951年生まれ,射手座

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR