画期的がん検査法

国立がん研究センターなどのチームが1滴の血液で
乳がんなど13種類のがんの有無を同時に早期発見する新しい検査法を開発し
来月から臨床研究を始め 
早ければ3年以内に国に事業化の申請を行うとのニュースが取り上げられた
実現すれば画期的なことである

従来から採用されている腫瘍マーカー検査は
主にがん細胞が死ぬときに出るたんぱく質を検出するもので
ある程度がんが進行しないと発見が難しいうえ
正確性にも問題があるとされてきた

一度に複数の種類のがんを早期発見できる検査法はこれまでなく
人間ドックなどに導入されれば がんによる死亡を減らせる可能性がある


この方法は細胞から血液中に分泌される
遺伝子の働きを調節する微小物質「マイクロRNA」を活用する検査法である
がん細胞と正常な細胞ではマイクロRNAの種類が異なり一定期間分解されない

マイクロRNAを特定することにより 的確にがん細胞の有無を判断するものだ

 
 このチャートは徳島新聞より拝借

同センターなどはすでにがん患者ら約4万人の保存血液から
13種類のがんでそれぞれ固有のマイクロRNAがあることを突き止め特定した
血液1滴でがんのステージが比較的早いものを含め
すべてのがんで95%程度の確率で診断できたという

乳房や胃 肺 大腸などのがんの早期発見では
エックス線や内視鏡などによる検診が有効とされるが
部位ごとに検査を受ける必要がある

今回の検査法では診断の確定のため精密検査が必要になるものの
患者の体への負担が少ない比較的安価な検査になる
早期発見が出来れば効果的治療ができ
医療費削減にもつながると思われる

対象となるがんは 
食道がん,肺がん,肝臓がん,胆道がん,膵臓がん,大腸がん,
卵巣がん,前立腺がん,膀胱がん,乳がん,肉腫,神経膠腫である

一日も早い実用化を待ちたいものである
スポンサーサイト

下界

昨日元気に下界に戻ってきました

それまで25-6℃の気温だったのですが
地上に降り立った途端36度という気温に見舞われ
一気に現実に引き戻されました

今日は朝から雨で過ごしやすい気温ですが
遅れ気味の作業をカバーすべく
早速県展用作品の乾燥を進めようと窯に入れました

 乾燥DSCN2607

95℃で維持しているところです

この後素焼きの予定です

今日は夕方から美術家協会美術工芸部の部会があり
県展運営の役割分担等の打合せが行なわれるため
もう少しすると出かけねばなりません

ぜいたくに避暑で〜す

下界では暑い暑いと言っているようだが
cozyはただ今避暑のさなか

少し高いところで しかも気温は25度くらいなので
快適に過ごしている

この場所から北の方を見ると 遠くに四国三郎橋が見える

 眺めDSCN2594
 
山も少しもやががかかったようにかすんでいる

早いものでもう今日で10日になる
工房から離れているので
県展作品にもしばらく触れていない

審査に間に合うのかとじれったい気がする

そしてこれが出された食事
久々に禁酒の毎日が続いている

 食事DSCN2604

まるで病院食のようだ?!

釜戸長石の流出事故

岐阜県の中央高速道で18日に発生した土砂崩れで重軽傷者が出ている
ケガをされた方の一日も早い回復を願っている

当初この土砂崩れは大雨による天災と考えられていたが
これが人災であったことが明らかになりつつある

発生したのは瑞浪市
瑞浪しかも釜戸といえば
陶芸原料には欠かせない釜戸長石の原産地だ

崩壊現場の映像を見たとき
いわゆる土色ではなかったため
釜戸なら土砂崩れでも釉薬原料となる土が
流出して来るのかと妙に納得した

 瑞浪現場
 (画像はネットより拝借)

でも原因は現場付近に製造工場を持つある窯業原料メーカーが
製造過程で出る取引価値のない規格外の窯業原料を
10年前から所有地内に投棄あるいは斜面に山積みしていたところ
その不要な土が高速道路上に崩れ落ち大雨で流出したというのが
本当のところのようだ

映像を見てあの土を使って釉薬を作ってみたいと
不謹慎な感情を抱いたのは
cozyだけではないのではないかと思っている

ほんのひと月前にはその近くの多治見インターから
中央高速道を走って来たので
身近に感じる事故だった

おもしろポチ袋

時期外れな話題になるが
相方がおもしろいポチ袋を見せてくれた

 ポチDSCN2353

どういうわけで新居浜太鼓祭りのポチ袋を
持っていたのかは尋ねなかった

ポチ袋に書かれていたのは「期待せられんよ。」

なかなかいい響きだし しゃれていてほのぼのとしたものを感じる

徳島の方なら「せられん」という言葉に何の違和感もないと思うが
この禁止の「られん」を他県でも使うのだろうか


ところでなぜ祝儀袋のことを「ポチ袋」と呼ぶのか
ウィキペディアで調べてみた

「ポチ」は関西の方言で芸妓や茶屋女などに与える祝儀のことで
「これっぽっち」というように「小さな点」や
「ほんの僅か」という意味に由来していると書かれていた


そういう本来の意味からすると
ポチ袋に高額のお金を入れるのは
本来の筋から外れるかもしれないので
「期待せられんな。」ではなく
「ごっつぃ期待してな。」の方が
むしろ面白いのかもしれない

原色陶器大辞典

陶芸に関連した辞典を欲しいと思っていたが
つい先日中古本を発注し手に入れた

それは「原色陶器大辞典」

 大辞典

この辞典は日本陶芸界の重鎮として活躍した
昭和を代表する陶芸家の一人である加藤唐九郎が
精魂を込めてまとめ上げたものである

1000ページを超えるこの辞典は総項目数が約1万にのぼり
技術・史実・鑑賞の各分野にわたって「やきもの」の知識が
たっぷりと詰め込まれている

各ページに写真を配し視覚的にも理解しやすい内容となっている

しかも出版社である淡交社では絶版となっているので
今となっては中古品しか手に入らない

今回のこの辞典は昭和49年第4刷なので
古本の匂いがたっぷりだが
定価の1/5ほどの3000円余りで入手できた

これからはわからないことはまず唐九郎に尋ね
知識を増やしていくことにしよう

お礼状

先月中旬 長江惣吉氏の作品展を
瀬戸市美術館へ見に行ったことを当ブログでも触れた

その際 芳名帳に記帳してきていたら
先日長江氏からお礼状が届いた

  礼状DSCN2586

長江氏は私財を擲って曜変天目茶碗の再現を目指すという
凡人にはとても真似の出来そうにないことを志しており
畏敬の念を抱き いつも映像や情報に触れている

その方から個人的に頂いた直筆のお礼状なので
これは是非とも我が家の家宝にしたいと思っている

なお 来年3月24日から4月8日まで
名古屋市のアートサロン光玄において
個展が開催されるとの案内も併せて頂いた

放美展の作品制作に集中する期間なので
まだ予定は立たないがとても楽しみにしている

台風の痕

迷走台風五号は徳島沖を通過したが
我が地にはそれほど大きな被害はなかった

昨日はレンコン畑脇の用水路も
濁った水が勢いよく流れていたが
今日は平水近くに戻った

ザリガニは水が出ると急にたくさん現れ
今日も水路を賑やかに動き回っている

アオサギが何羽も水路の周りで
ザリガニを口にしている光景に出会った

水路をのぞき込んでみると
ザリガニ以外にこんな生き物が見つかった

 ドジョウDSCN2579      メダカDSCN2580      JタニシDSCN2583

あまり目にすることがなくなったドジョウ(写真左)
ゆったりとした流れを好むメダカ(写真中央)
そして最近よく見かけるジャンボタニシ(写真右)

写真中央にメダカと一緒に写り込んでいるタニシは通常の1-2cm
でもジャンボタニシは8cmくらいの大きさで不気味だ

メダカやドジョウを目にすると
まだ何とか自然環境が維持されていることを感じる

いつまでもこんな生き物が住み続けられることを願っている

ニラのプランタ栽培

去年の秋の終わりころに
相方が産直市でニラの株を買ってきたので植えていた

冬の間全く成長せず
枯れてしまったのかもしれないと思っていたが
春になると少しずつだが成長し始めた

やっと10cmくらいまで伸びて
夕方水遣りを続けた

ところが朝見に行くと
付根から折られている
道路際に置いたプランタなので
誰かが散歩のときに悪戯したのかなと思った

しかしそれが繰り返されるのでおかしいと思い
ニラの害虫を調べたところ
ネキリムシが悪さをすることが分かった

この画像がネキリムシ

      

左がアブラガヤの幼虫で右がコガネムシの幼虫(だと思う?)
(いずれの画像もネットから借用)

昼間は土の中にいるが夜中に這い出して来て
地表面の茎を食いちぎってしまうそうだ

早速切られた周りの土を掘り返してみると
数匹が見つかったので捕殺した
これを何度も繰り返すと被害に遭わなくなった

夏を迎えニラが成長したので刈り取って食べた
少し硬かったが食べることはできた

それで根と茎だけが残ったが
ネギ類は茎が残っていればそこからまた成長する

すると冬から春先にかけて全く伸びなかったニラが
僅か3日足らずでこんなに伸びた

 ニラDSCN2576

すでに9cmくらいの長さ
一日3cmずつ伸びて来る
しかも柔らかそう

これならひと月に3~4度収穫できそう

川島永嗣選手と外国語

現在サッカー日本代表でGKを務める川島永嗣選手が
語学に堪能なのはよく知られている

W杯南ア大会の後にベルギーのリールセに移籍して
ますます語学に磨きをかけ
英語 イタリア語 スペイン語 ポルトガル語 オランダ語 フランス語などを
巧みに操ると言われている

その川島氏が書いた本がある
『本当に「英語を話したい」キミへ』である 

 川島DSCN1738

早速中古本をネットで検索してみたら
定価は1300円だが何と「1円」のものが見つかった
送料は260円ほど

韓国の諺に「腹より臍が大きい」というのがあるが
まさにその通りだった

外国語には興味があって学びたいが
なかなかものにすることができない

川島氏がどうやって何か国語もしゃべることができるようになったのか
この本を通して読み解きたいと思っている
プロフィール

pottery cozy

Author:pottery cozy
FC2ブログへようこそ!

陶工房/宏磁窯の他愛ない出来事を綴ります

ニックネーム:pottery cozy
都道府県:徳島県
性別:男性
血液型:AB
その他:1951年生まれ,射手座

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR