ヒナの巣立ち

鳴門市のコウノトリのヒナの巣立ちが近いようで
風を受けて12秒間も浮き上がったという知らせがあった
他の二羽のオスよりもメスの「あさ」ちゃんが少し上手なようだ

 あさ巣立ち     うのDSCN2219

左はその時の画像をネットから借用した
右はその少し前に裏のレンコン畑に二日続けて来た「うの」ちゃん

間もなく巣立ちを迎え 近所の畑で親子揃って
エサ取りする姿を見かけることができるだろう


我が家の近くでも新しい巣立ちがあった

この数日 朝になるとどこからかハクセキレイの鳴き声が聞こえてくるが
よく探してみてもわからなかった

そのうち たまたま物置のトタンの隙間から嘴をのぞかせ
狭いところから出ようともがいているハクセキレイに気がついた
どこか屋根裏に巣があって巣から離れたときに
誤ってトタンの間に入り込み出られなくなったようだ
でも近寄ると奥の方に隠れて
気配を感じなくなるまで出てこない

多分ヒナだろうと思い助けてやることにした

 穴1DSCN2226      穴2DSCN2227      セキレイヒナDSCN2231

左のトタン板をペンチで拡げて出られるようにしてやった

遠くに離れてしばらくするとその穴から
親と見間違うくらいのハクセキレイが飛び立った
ひな鳥と思っていたので意外だったが
すぐ近くの電線に止まると歩くばかりでまだ飛び方がおぼつかなかった
やはり巣立ちしたところなのだろう
外に出してやることができてよかったと安堵した


今朝は工房近くの電線にツバメのヒナが5羽止まり
風に揺られるたびにバランスを取りながら
親鳥が届ける餌を待っていた

 ツバメヒナDSCN2234
 離れて止まっていたので一部のヒナだけ

間もなくこの5羽も自分で餌をとることができるようになるだろう


くしくも身近で起こったヒナの巣立ち三題である
みんな元気で育ってほしいと願うばかりだ
スポンサーサイト

玉葱を切っても涙が出ない菜切り包丁

徳島市問屋町で日曜日に開催されている徳島日曜びっくり市
勝浦町の大久保鍛冶屋が出店していることを耳にし
朝早くから覗きに行ってきた

7時頃に到着したが駐車場はわずかに残っているだけ
でも何とか停めることができた

 日曜市DSCN2206
 日曜市でごった返している様子

野菜 鮮魚 骨董品 フリーマーケットなど
たくさんの店が並んでいた

ぶらぶらと店を眺めて回り大久保鍛冶屋を見つけ
いかにも切れ味の良さそうな菜切り包丁を購入した

 菜切包丁DSCN2232
 菜切り包丁(一回無料研ぎ出し券付)

タマネギをスライスしてみると
涙が出ない

お店の方が言っていた
「タマネギを切って涙が出始めたら
研ぎ時ですよ」

大げさでなく本当だった

錆びないように管理が必要だが
サラダの玉葱の味が以前とは違うようにおいしかった

上板熱中小学校のお手伝い

6月に行われる上板熱中小学校では陶芸の授業がある

著名な唐津焼の中里隆先生が教えてくださることを耳にし
そもそもその授業を受けたいがために
熱中小学校に登録したという経緯がある

ところがどういう風の吹き回しか
その授業で中里先生のスタッフとして
生徒さんの補助をする立場になってしまった

それで来徳された中里先生と日曜日午後に
補助スタッフ数名と打ち合わせる機会を持つことになった

中里先生は1937年生まれなので今年80歳
初めてお会いするので恭しく挨拶させて頂いた

当初予定は3時間だったが
作業が始まると次第に中里先生の指導に熱が入り
4時間たっぷりと作業にかかった

 中里先生DSCN2209
 授業での実技内容の器づくりを披露する中里先生

陶芸経験者でも課題を時間内にこなすのは
難しいと思われるボリュームだが
未経験者の多い授業で果たしてどうなるのか
不安になる打合せだった

因みに授業が行われる6月17日と18日は
cozyの作品展の真っ只中の土曜日と日曜日

土日の二日間をこれに全て取られてしまうのは
とても厳しい話なので対応に苦慮している

上板熱中小学校

昨日は上板熱中小学校の第二回目の授業があった

一時限目は早川地震電磁研究所の早川先生
毒舌かつ早口で次々とデータを紹介して下さった

 
 毒舌の早川先生

早川先生の考え出したシステムを用いれば短期(数週間から1か月)地震予知は可能とのこと
「いつ,どこで,どれくらいの規模」の地震が起こるかを精度よく予測することができるというもの

地震学の学者は地震は予知できないという
そしてそれが大きく報道されているので
一般的には地震予知ができないと信じられているが
地震予知学にはそれを覆すだけの裏付けがある

1週間ほど前に電磁波に変化がありそれを観測するという手法で
数日後に発生する地震の位置や規模予測ができ
対応や準備さらには津波からの避難も可能となる

僅か1時間余りだったが この講義を受けて
地震予知はできるのではないかと思うようになった

二時限目は四国大学の有内先生による藍染め
先に大まかな藍に関する導入講義を受けてから
藍染め体験を行った

熱中小学校の開催されている技の館には
藍が建てられているので
簡単に藍染めを体験できた

   熱中藍染-1   熱中藍染2-1     
 有内先生        藍染め体験の様子(右の写真の丸山校長にはぼかしなし)

そしてcozyが藍染め体験で出来上がったのがこれ
 成果DSCN2207

いいデザインだしいい濃さに染め上がった

とても楽しくて新しい知識を得られ 有意義な数時間を過ごした

宏磁窯作陶展のお知らせ

作陶展まであと一か月になりました

案内状が出来ましたので概要をお知らせします

 案内DSCN2178

場所や会期など詳細は以下のとおりです
(クリックすると大きくなります)

 案内DSCN2177

でもまだ展示する作品が揃わず
焦りを感じながら作業を続けています

予定した全ての作品が間に合うかどうか疑問ですが
お時間のある方は是非ご覧ください

会期が長いのでcozyは土日の一部の時間帯しか
会場にいない予定です
更に17日と18日のいずれかは
上板熱中小学校で陶芸の講座を受講のため
不在の可能性があります
もし留守にしておりましたらご容赦ください

絵本「とくしまから きました」のTV放送

先日 絵本作家のやまさきじゅんよさんからお手紙を頂きました

やまさきじゅんよさんはcozyの大学研究室の後輩で
薬剤師の仕事の傍ら徳島児童文学会の副会長として
絵本や児童文学の普及に尽力なさっています

今年1月に絵本「とくしまから きました」を出版なさったのは
当ブログにも紹介しましたが
この度この絵本をTV番組で紹介してくれることになったそうです

番組は四国放送の「ゴジカル」 5月10日 16:50~
(徳島県内だけしか見ることはできませんが)

やまさきさんご本人も出演されるとのことです

ご興味のある方は是非ご覧ください

cozyはその時間帯はジムで運動をしていますので
ビデオのセットをしてあります

なお 先日那賀川図書館で行われた絵本絵画展がきっかけで
絵本「ねむれない ねむれない」 が県内の平惣書店全店で
販売されるようになったとのことですので一度お手に取ってご覧ください

  絵本「とくしまから きました」  とくしまから
  (徳島の位置、名産品、渦、阿波踊り等 徳島のことがわかります)


         
   絵本「ねむれない ねむれない」 ねむれない
  (ライオン、ゾウ、キリン、コアラ、ナマケモノ、パンダ、ラッコが楽しめます)
         

エサを求めて

お昼前に裏のレンコン畑を見てみると
ウノちゃん(メスのコウノトリ)がエサを探していました

 

ヒナが孵ってから初めて来てくれました

水の中(の土中)にクチバシを入れてエサを探るのですが
いつもは空振りが多く何度も何度も探します
今日は確率よく餌をゲットしていたので
オタマジャクシが多かったのだろうと思います
時々ザリガニを獲ったような仕草も見えました

ヒナとは言えないほど大きくなった子供に
毎日大量の餌を食べさせないといけないので大変だろうと思い
刺激を与えてしまって餌場を離れさせないように
撮影も少しだけでやめました

cozyは我が家の塀に隠れて撮影していたのですが
この写真のときは20m程度の近さまで寄って来ていました

今日は追っかけの撮影者もいませんでした

ゆっくり餌をとって
ここが気に入ればまた帰って来て
子供連れで餌を食べに来てほしいと思ったのでした

放美展終了しました

昨日が放美展の最終日でした
ご覧いただいた方ありがとうございました

cozyは17時からの搬出と
展示の後片付けを行ないました

 搬出DSCN2162
 展示終了直前の会場の様子

関係者の皆様ご苦労様でした

来月は宏磁窯作品展が控えています
ただ今ラストスパート中で大忙しです

コウノトリのヒナに識別用足輪

昨日の新聞にコウノトリのヒナに
識別用の足輪が無事装着されたと掲載された

ヒトに驚いて事故にならないかなと心配していたので
ほっと胸をなでおろした

 識別用足輪
 足環装着後巣に戻されるヒナ(画像はネットから拝借)

万全を期して何度もシミュレーションしたようだし
コウノトリの郷からも指導を受けたそうだ

まずは事故がなくてめでたしめでたし

それにしてもヒナたちは順調に育ち
3.5kg前後になっているという

間もなく巣立ちを迎えることだろう

親鳥は巣から余り離れることはないのか
最近は我が家の近所ではすっかり姿を見かけない

レンコン掘りを終えた畑には水が張られ
種レンコンが植えられて
早い畑ではすでに葉っぱが出ている

そこに鴨が姿を見せるようになった

 カルガモDSCN2157

今日はつがいの鴨が餌を求めて泳いでいた

例年この時期にやってくるのだが
撮影した画像をもとに
気になって鴨の種類をネットで調べた

嘴の先だけが黄色いのが特徴だが
すぐにこれがカルガモであることがわかった

カルガモはもっと小さいものと勝手に思っていたが
意外に大きかった

そして羽の特徴から前のがメス 
後ろがオスだということも判断できた

カルガモというと赤ちゃんを連れて引っ越すその様子が
ニュースなどで報ぜられほほえましいが
こんな身近にいるとは思わなかった

気になって数年前からこの時期にやって来る鴨の
撮りためた写真を改めて調べてみると
全て同じ特徴を持ったカルガモだった

同一のカルガモかどうかはわからないが
どうせなら一度でもヒナを連れた様子を見たいと思った

憲法記念日

GW真っ只中の今日は憲法記念日
折角の休日なので
(と言ってもcozyは作品展を前に多忙で休む暇はない)
憲法について考えてみたい

一昨日 海上自衛隊の護衛艦「いずも」が米艦艇を守るという行為を実施した.

 いずも
 護衛艦「いずも」(画像はネットから拝借)

これは自民党が強行採決した安全保障関連法に基づく行為とされている
エスカレートする北朝鮮に対し日米の連携強化をアピールする狙いがあるのだろうが
米艦艇の防護は果たして憲法に反していないのだろうか

日本国憲法第9条
「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 」

政治的権力をもつものが戦争をひきおこすことがないようにと
憲法前文に記されているにもかかわらず
憲法を曲解してごり押し法まで成立させて憲法改正をもくろむ姿は
戦争への第一歩としか思えないのは私だけだろうか
プロフィール

pottery cozy

Author:pottery cozy
FC2ブログへようこそ!

陶工房/宏磁窯の他愛ない出来事を綴ります

ニックネーム:pottery cozy
都道府県:徳島県
性別:男性
血液型:AB
その他:1951年生まれ,射手座

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR