高圧洗浄器

みなさま お正月の準備は整いましたでしょうか

cozyもただ今大掃除中ですが 
なかなかすんなりとは終わりません

相方はお節料理の準備に取り掛かっています

大掃除に大活躍してくれるのは高圧洗浄器
ガラス戸や網戸 外塀そして土で汚れた雑巾まできれいにしてくれます

そもそも腰痛持ちなので腰に負担をかけずに
外塀を洗うために購入したのですが
これを用いるととってもきれいに簡単に洗浄できる
意外なものがあります

 イモ洗いDSCN1809

それは里芋です

お節料理には欠かせないものですが
これを洗ったり皮をむくのは
手がかゆくなったり
ぬるぬる滑るので一苦労します

でも高圧洗浄器を使うととても簡単です

先の画像のように排水溝の上にバケツを寝かして固定し
そのバケツの入口付近で
里芋に適度な強さの高圧水を吹付けるだけです
手袋をつけた手で持つのが効率がいいようです

 洗浄前DSCN1810    洗浄後DSCN1814
   洗浄前             洗浄後

画像のお芋は大きさ8-9cmくらいですが
15秒ほどでこんなにきれいになります

ご興味のある方は一度お試しください
なお 洗浄水が露出した皮膚にかかると
少し痒くなる可能性がありますので
ご注意ください

さあ もうひと踏ん張り 掃除してきます
スポンサーサイト

曜変天目茶碗

「なんでも鑑定団」で4個目の曜変天目茶碗が鑑定に出され
番組史上最高値がつくとネットで事前情報が流れていたので
興味深く先日の放送を見た

何とその茶碗の持ち主は徳島市のラーメン店主だったことに
もう一度驚いた

話によると三好長慶の流れをくむ茶碗のようだが
三好長慶は我が藍住町にかつてあった
勝瑞城の城主であったことが知られている


鑑定の結果 中島先生が間違いなく曜変天目茶碗だと仰ったので
建窯のものに間違いはないのかもしれないが
ついた値段が2500万円だったのにはもっと驚いた

事前には本物ならおそらく10億円は下らないだろうと
思っていたからである

 4th曜変
 鑑定に出された茶碗(ネットより拝借)

TV画面を通してなので詳しくはわからないが
曜変の光が国宝のものと比べると
やや少ないように感じた

陶芸をやっているからには
一度でもいいから本物の曜変天目茶碗を見たいと
cozyは藤田美術館での公開展示の時に
見に行って言いようのない感銘を受けている

 曜変CIMG2348
 藤田美術館所蔵の曜変天目茶碗

曜変天目に関しては瀬戸の陶芸家
長江惣吉氏が二代にわたる曜変天目茶碗の再現研究で
再現に近いところまでメカニズムを突き止めている

長江氏の話によると曜変は油滴と混同されるが
さまざまな点で異なると述べておられる

それを裏付けるには鑑定士以上の
もっと科学的な調査が必要だろうと思われる

本物の曜変天目茶碗ならとても素晴らしいことだ

中国で焼かれ世界に3個しかなかった完全品が
全て日本で所蔵され
更にもうひとつも日本にあるとしたら
いつかは一度拝んでみたいものである


cozyはラーメンを好んで食べるわけではないが
近くにあるラーメン屋さんなので
一度食べに行ってみようかなと思ったりもしている

誕生日

昨日はcozyの誕生日
65歳になった
一昨日までは四捨五入しても60だったが
きのうからは70となり
もう老人の仲間入りかと思う

今年も娘たちからお祝いのお酒が届いた

 花織DSCN1777     結花DSCN1793
 下の娘からのビール       上の娘からのシャンパン

いつもありがとう
じっくり楽しませてもらうよ

昨夜は近くの季節料理「ふる川」で誕生祝いの食事
上の娘もかけつけてくれた

 刺身DSCN1781    フグDSCN1790

新鮮な刺身やフグ唐など
おいしい料理とうまいお酒でで腹いっぱいになった

毎年この日を境に年末モードに切り替える

今日からはまだ手をつけていない年賀状作りに
取り掛からねばならない

---------------

さて おかげさまで先程をもちまして酉人形が完売致しました
お買い上げくださった皆様ありがとうございました

 酉DSCN1732       

宏磁窯に在庫はなくなりましたが
さぬき市の陶々堂さんで販売しています

積霰

今朝 寒いなと思っていたら
この冬二度目のあられが落ちて来た

先日のあられとは比較にならないほどの大きさ
 霰DSCN1766
物差しを置いて撮影してみた
8mmくらいの大きいあられだった

さらに1時間ぐらいすると 
もっと小さいがたくさんのあられが
北風に吹かれて道路を叩き始めた

あっという間に吹き溜まりにこんな光景ができた
 霰DSCN1775

もうほぼ65年生きている

ヒョウが地上を埋め尽くして積もることは経験しているが
あられが積もるといった光景は記憶にない

タイトルに書いた積霰という言葉が
正しいのかどうかは調べていないのでわからない
多分 cozyの造語だろうな

でも降りやむと積霰はすぐに消えてしまった

次第に冬が深まって行くなと感じさせたひと時だった

うどん

一昨日 さぬき市にある陶々堂さんに
酉人形を販売委託するために納品に行ってきました

従いまして宏磁窯で売り切れた場合は
陶々堂さんで求めることもできます


香川まで出かけたので少し足を伸ばして
まんのう町にある有名店「長田うどん」で
釜揚げうどんを食べることにしました

長田うどんは釜揚げのみのメニューで
とても人気のある店だと聞いていましたので
たいそう期待をして楽しみに出かけました

到着したのは13時近くになっていましたが
幸い行列もなくすんなりと入ることが出来ました

 長田DSCN1750
 釜揚げ大

cozyは当然釜揚げ大を注文しました
5分も待つと釜揚げが運ばれてきました

おっ 早いな 
タイミングよく茹で上がったところだったのかな
と思ったのですが
残念ながら 茹で立てとは到底思えないぬるさで
麺にも透明感がないし
ただ太いだけの麺でした

確かに評判通り出汁はうまかったですが
讃岐の有名店とcozyの感覚には ちょっとずれがあったようです

せっかく高速を走って出かけただけに
非常に残念な気分になったcozyなのでした

えひめAI

TVを見ていて 四万十川の流域の方は
家庭排水を出す時に「しまんとAI(あい)」という
微生物の培養液を混ぜ 
油等での河川の汚染を防ぐようにしていることを知った
その微生物の培養液が有機物を分解してくれると言うのだ

我が家では 家を建てたときの構造上
排水路の傾斜が取りづらくて
どうしても流れが淀んでしまうため
脂などが排水路に付着しやすく
定期的な掃除が必要で困っていた

ひょっとしてこの「しまんとAI」が使えるのではないかと
とっさに思いつき ネットで調べてみた

すると「しまんとAI」はもともと愛媛県の工業試験場で
開発された「えひめAI(あい)」であることがわかった

幸い「えひめAI」の作り方はすぐに検索でき
我が家でも培養できそうなので
書かれた通り培養してみた

 一次培養開始DSCN1607
 これがその培養の様子

陶芸で釉薬を撹拌するのに用いている自作攪拌機が力を発揮してくれた

納豆菌とイーストとヨーグルトの乳酸菌の産物

実際にその培養液をを毎日流している
お風呂や台所 排水路の溜枡など
もう一か月以上になる

お風呂の排水溝のヌルヌル汚れは目に見えてつきにくくなった
排水路の溜枡の水がとても澄んできて
配管のヌルヌルがだいぶ減って
排水の流れがスムーズになった

眉唾もので試してみたが その効果に驚いている

詳細は鬼北町のHPに記載されていますが
もっと細かい情報をお知りになりたい場合は
遠慮なく連絡ください

cozyは一度に8L作りますが
ペットボトル(500mL)で攪拌機なしで
作る方法も検索すればあるようです

庭木刈込み

庭木の葉っぱが茂ってあまりにも見苦しいし
風が吹くと毎日たくさんの落ち葉が舞うので
先日 3回に分けて相方と刈込みと剪定をしました
刈込みと剪定はcozyの担当
相方は切取った枝の整理

たっぷり汗をかいて
気持ちいいほどに枝を切り取り
風通しを良くしました

おかげで窓を通して差し込む光が増え
部屋がとても明るくなりました

 剪定DSCN1724

剪定前の写真がないのでわかりにくいですが
すっかり明るくなり 年末に向けて一つ用が片付きました

今朝は少し寒いなと思いながら
工房で作業をしていると

突如パラパラと駐車場の屋根に何か固いものがあたる音が...

すぐに外に出てみると雨に交じって
「あられ」が落ちて来ていました

 霰DSCN1746

カメラを持ち出して駐車場の屋根を撮影してみました
(屋根はプラスチックで半透明なので)
あられはすぐに消えまた雨に戻りましたが
何とか一粒 カメラで捉えられました
(画像中央に白いあられが--クリックすると大きくなるよ)

この季節初の冬の贈り物です

酉人形窯出し

昨日夜 窯から酉人形が出てきました

 窯出しDSCN1726

今年は例年に比べて数は少ないです

ほぼ思い通りの出来で
特に ちょっと薄いかなと思っていた頬紅が
ほんのりと出てかわいく
羽の縁取りを描くには
手間がかかりましたが
うまくできてとても気に入っています

 酉DSCN1732
 酉人形(大きさはほぼW30 D35 H55)

今年も一体千円で販売します
すでに30体ほどは注文を受けておりますので
残りは20体ほどになっております

ご入用の方は鍵コメントでアドレスをお送りください
改めて当方から連絡させていただきます
(画像はいずれもクリックすると大きくなります)

本焼き

先程 酉人形の本焼きが終わりました

本焼きDSCN1720

これは終了直前の窯の温度です

今冷却中ですがまだ千百度以上あります

早ければ明日の夜に窯出しできるので
ワクワクドキドキしながらそのときを待っています

窯出しまでの時間はいつも期待と不安でいっぱいです
プロフィール

pottery cozy

Author:pottery cozy
FC2ブログへようこそ!

陶工房/宏磁窯の他愛ない出来事を綴ります

ニックネーム:pottery cozy
都道府県:徳島県
性別:男性
血液型:AB
その他:1951年生まれ,射手座

カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR