陶遊156号

月日が経つのは早いもので今日で9月も終わりですね
明日になるとカレンダーの残りが3枚になります

一年くらいあっという間に過ぎてゆきます

来年6月には自分だけの作陶展を開く予定ですが
準備に取り掛からないと作品制作が間に合わなくなると
少し焦りを感じるようになりました

先日 遅れ気味で陶遊の今月号を購入しました

陶遊DSCN1550

記事にイッチン絵付の特集があり
自分の作品作りに生かせないかと検討を始めました

長い間イッチンを使っていなかったので
ゴムがカゼを引き少し空気が漏れて
使い物にならないようです

化粧土も含め検討したいことがたくさんできて
何から手をつけようと考えているうちに
一日が過ぎていきます

ああ 時間が欲しい
スポンサーサイト

県展

昨日は県展の審査日でした
cozyは早朝から会場設営に奔走しました

 設営
 会場設営の様子

午前中に受付けを済ませ
13時から審査が始まりました

 審査
 審査の様子

先生の指示で赤いテープが貼られていきます
テープは赤と青があるのですが
他の作品の出来から見ると
今年は赤が合格のようです

cozyの作品の前に来て赤いテープが貼られました
まずは一安心

規定数の赤テープが貼られると
次は賞候補の選出です

ところが残念なことに賞候補18枚の札は
とうとうcozyの作品には置かれませんでした

今年の出来は今までで一番いいとおもったんだけどなあ
また来年頑張ります

 波の緒Ⅻ
 入選の波の緒Ⅻ

県展展示は以下のとおりです

第一期 10/7-10/12   日本画・洋画・彫刻
第二期 10/14-10/19  写真・美術工芸・デザイン
第三期 10/21-10/26  書道

10/15 10時-13時はcozyが解説委員として会場におります 

ぜひ会場でご覧ください

県展審査

今日は県展の審査日です

今回準特選以上で入賞すると無鑑査資格が得られます

作品はそれなりの出来だと自分では思っていますが
さてどのような結果が得られるでしょうか

作品名は波の緒Ⅻですが 事前公開ができないので
写真は後日載せたいと思います

今日は審査を受けるとともに工芸部委員としての
さまざまな作業をしなければなりません

それでは 行ってまいります

台風一過

台風16号は徳島の先をかすめて通り過ぎました

皆さま 被害等はございませんでしたでしょうか

直撃は免れたものの たくさんの雨と強い風をもたらしました

今日撮影したレンコン畑
画像奥が北ですが 強い北風のために
レンコンが手前に悉く倒れています

 一過DSCN1549

すっかり見通しが効くようになりました
もう収穫が始まっている畑もあるし
この時期になっての台風なので
レンコンにはそれ程被害はないと思われます

三か月ほど前にはこのように向こうの家は
二階くらいからでないと見えません
8月にはもっと背丈が伸びて
見通しが全く効かなくなっていました

 蓮華CIMG1178

今日はからっと晴れているわけでないので
台風一過とは言えないかもしれませんが
こうなるとコウノトリも餌を探しやすいのではないかと思います

小松屋

ただ今 台風16号のさなかで雨風が吹きつけている
しばらくはこの状態が続きそうだが
先程徳島市には避難準備情報が出された

さて 先々週までしばらく作品作りに没頭していたが
本焼きまで作業が進むと少し余裕ができてきた

相方が何かの雑誌で生シラス丼のお店を探し出して来て
行こうと誘うので先日出かけた

小松島市の和田島海岸にある小松屋さん

 小松屋DSCN1504

到着したのはウィークデイの12時前だったが
店にはすでに順番待ちの客が一組

店に入って順番受付表に名前を書き
外で待つこと約20分
やっと店に入れてもらえた

早速生シラス丼を注文したかったが
海が荒れて今日は漁がなく
シラスは釜揚げだけだった

色々ある中で注文したのは......

 小松屋DSCN1510
 握り寿司セット こぼれるばかりの釜揚げシラスの軍艦
 (釜揚げと若布の味噌汁付き)


 小松屋DSCN1512    小松屋DSCN1508     小松屋DSCN1505 
 しらすサラダ          鱧テンプラ         ボウゼのお寿司

そして食べ始めて写真撮影していないことに気付いた
シラスの沖漬け

 小松屋DSCN1506

手を付けたものを載せて申し訳なかったが
これは他所で口にしたことがなく
抜群のうまさだった
酒がいくらでも入りそうな逸品だった

週末には数百名が押しかけ
いつになったら入れるのか保証がないというが
旨いうえに値段も手ごろで
また行ってみたい いい店だった

ぺーちゃん陶芸記

県展用作品も焼き上がり
すこし余裕ができた昨日
ぺーちゃんが作業に来てくれました
こたちゃんとご両親も一緒です

ぺーちゃんは早く次の作業をしたかったのですが
こちらの都合がつかず待ってもらっていました

前回作って素焼きした梅花小皿二枚に
絵付と釉薬掛けです

撥水処理を終えて絵付けです

  ぺ-DSCN1539

前回来た時は「しろどべ」という言葉を気に入ってくれたのですが
今回は「はっすいざい」にはまったみたいです

おねえちゃんが色塗りを始めると
こたちゃんも色塗りをしたいと言い出しました
テストピース用の素焼きが手元にあったので
それを塗ってもらいました

その後二人とも釉薬掛け
今回は補助をしながらぺーちゃんとこたちゃんに
自分でやってもらいました

作業が終わって一休み

こたちゃんがオレンジジュースを飲んで
こんな面白い顔をしたので パシャリ

  こたDSCN1546

工房に楽しい声が響き渡ったひと時でした

デトロイト美術館展

天王寺にある大阪市立美術館で
デトロイト美術館展が行われており
デトロイト美術館所蔵の絵画が拝観できるということだったので
夏休みが終わるのを待って9月15日に相方と出かけた

ドガ モネ ルノワール セザンヌ ゴーギャン ゴッホ ピカソ モディリアニなど
約50点が公開されているとのことであった

外国の美術館では展示品の撮影が自由なこともよくある

通常 日本の美術館では展示品の撮影が禁止されているが
今回の展示絵画は珍しく撮影可能というので
それも楽しみにしていた

朝早い高速バスに乗ったが 徳島を発つときは雨だった
淡路島に渡ると雨が上がり気温がどんどん上がって来た

美術館についたときは汗だくだった

      
 市立美術館外観        入口の展示パネル

ウィークディだし 夏休みでもないし 
長期間行われている展示なので
人出はそれほど多くないだろうと高をくくっていた

でもいざ入場しようとすると
入場券を求めるのにも暫し並ぶほどだった

しかも入口には撮影禁止の表示
そんなあほな!! 
約束が違うとパンフを見ると
撮影できたのは8月31日までだった
夏休み用の特別措置だったようである

さらに入場してみると
展示絵画の前は人が山のよう押しかけており
人の隙間からチラッチラッと見えるような状態
しかもその人たちは退職後と思われるのが殆ど

一つの絵を見るにも人の波をかわし
しばらく同じ場所にたたずみ
間隙ができるのを待って近づくことが必要だった

人の波に押されながら会場を見て回った

唯一見覚えがあったのは
ゴッホの自画像
意外にもA4サイズくらいの小さな絵だった

でもやはり本物は伝わってくる迫力が違うような気がした
苦労して眺めたせいなのかもしれない

関連グッズの売り場も人で溢れかえっており
レジには長い人の列が幾重にも出来ていた
これはスルーすることにした

上阪したついでに 生野コリアタウンにも足を伸ばした

まずは鶴橋で腹ごしらえ
暑かったので生ビールがあっという間に喉を通り過ぎた

      
 神戸牛焼肉定食         サムギョプサル定食

食事を終えて 汗をふきふき
コリアタウンに到着したが



シャッターを閉めている店がいくつかある

新大久保でもそういう店が増えているので
こちらにも...... と思ったら

なんとその日は旧暦のお盆(秋夕:チュソク)だった

幸いお目当ての店は営業をしており
買物をすることができた

帰りの高速バスの中で
漏れだしてくるキムチの匂いに
肩身の狭い思いをしながら
バス停到着を首を長くしていたのは
言うまでもない

うつわさがし

徳島の女性誌に「CU(キュー)」というのがある

あまり見たことがなかったのだが
今月号はうつわ特集ということで
相方が書店で見かけて買って来てくれた

 
 CU 9月号

近隣の窯元や陶器以外の作家さん
それにうつわを販売している雑貨店等が特集されている

さまざまなうつわで料理や飲み物を提供する
料理店やカフェなども掲載されている

こういう方面にはあまり知識がないので
とっても実用的な雑誌だと感じながら
少しずつ読んでいる

キュウリ害虫

夏のキュウリが終わったので
秋用のものをプランタで育てています

種から播いたので苗がうまく育ちません
葉っぱは虫に食われ 何とか生きている状態です

先日プランタを見ていると
葉っぱにつく害虫を
退治してくれている虫がいました

20160828キュウリ害虫DSCN1466

ちょっとピンぼけですがハエトリグモです

このほかにキュウリの蔓の日陰にアマガエルもいます
アマガエルの口先に 退治した虫を近づけると
ぺろりと食べてくれます

アマガエルがもっとしっかり捕食してくれれば
キュウリの虫がいなくなるんだけど...

誕生日祝い

昨日は相方の誕生日だった

お祝いに徳島市にあるよのぜんに出かけた
上の娘も駆けつけ 三人で食事した

料理写真を撮り忘れたものがあるが
いくつか紹介

 よのDSCN1484     よのDSCN1486     よのDSCN1488
 チーズと魚介のサラダ    子芋のアワビあん        ハモなど焼きもの 

 よのDSCN1491     よのDSCN1492
 蟹の茶碗蒸し           揚げ物

これ以外にも刺身ほか数品目 
最後は鯛めしの食事とデザートで締めくくった

相方は娘から誕生日祝いプレゼントをもらい
とてもうれしそうだった

cozyはというとお祝いにかこつけて
この日もたっぷりの冷酒を楽しんだ

県展用作品

ただ今県展用作品の作成中

円周を128分割する

 下書DSCN1476

画像の横方向の直線が分割線
線と線の間隔は7mmあまり

そのラインに従って揺らぎ型で
山形の線を少しずつずらしながら
描き込んでいく

マスキングテープを貼って
黒化粧土を吹付けてから
テープを外して
本焼きすれば出来上がるはず

ここまで来ればもう少し

来週中には仕上げたい

体験陶芸:下絵付け

素焼きの上がった器に
絵付けと釉がけに来房された
U岡さんとC葉さん

    
 U岡さん            C葉さん

これは真剣に絵具で絵付けをしているところ

見事な文字やかわいい花柄が出来上がりました
この後透明釉をかけて2時間余りで作業が終わりました

次回の本焼き窯に入れますので
焼きあがったら連絡します

ワクワクしながらお持ちください

ラテアート

ちょっと息抜きにカフェラテを...

こんなにかわいいのを出してくれました

 image前


で 一口すすると

 image後

こんなになっちゃった

サッカーW杯最終予選

先程 W杯最終予選の第一戦が終了した
日本は残念ながらUAEに逆転負けした

もちろん勝ちきれない日本が悪いのだが
審判のいわゆる中東の笛にも悩まされた

PKをめぐる両チームへの笛も不可解だったが
後半の浅野のシュートは明らかにゴールだった

ラインズマンは守備側の最終ラインの位置にいなければならない
だがあのラインズマンは何メートルも高い位置で見ていた
ボールがゴールラインを割っていてもあの位置からは判断できない

アウエイならまだしも日本のホームで
こんなことが起こるなんて信じられない

 
 浅野のシュート場面(ネットから拝借)

最近の最終予選のデータから初戦を落としたチームが
本戦に出場した例はないということだったが
これから残り9戦 全部勝つつもりで戦ってもらいたい

FIFAでは黒い裏金が当然のように飛び交っているようだが
そんなことで勝敗が左右されるようなことがあれば
サッカーへの興味も薄れてしまうだろう
プロフィール

pottery cozy

Author:pottery cozy
FC2ブログへようこそ!

陶工房/宏磁窯の他愛ない出来事を綴ります

ニックネーム:pottery cozy
都道府県:徳島県
性別:男性
血液型:AB
その他:1951年生まれ,射手座

カレンダー(月別)
08 ≪│2016/09│≫ 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR