ミニトマト

工房を建てて庭がほとんどなくなったため
夏野菜を少しだけプランタ栽培しています

キュウリの収穫は終わってしまったのですが
まだ少しだけミニトマトが色づきを待っています

畑で自生した苗を知人から頂いて育てていた
大玉トマトがやっと赤くなり
明日朝採ろうと決めていた矢先
その夜に何かにかじられてしまい
収穫できませんでした

枝を横に這わせるように誘導していたので
丁度かじるのに適した高さだったのでしょう

我が家の辺りにはイタチがよく出没します
イタチがトマトを食べるかどうかは知りませんが
その仕業かも知れないと思っています


ところで苗木を購入して育てていたミニトマト2本からは
毎朝数個ずつ収穫が続いており
これもそろそろ終盤を迎えてきています

しばらく脇芽掻きをしていなかったのですが
いつの間にか脇芽が伸びて ミニトマトの木に
こんな大玉トマトがなっているのに気がつきました

 親子DSCN1237

写真の後方に見えるのが本来のミニトマト
ミニは直径が3cm このトマトは6cmくらいあります

同じ苗木から二種類のトマトが採れるなんて
先祖返りでもしたのでしょうか
奇妙な現象に驚いています

果たしてどんな味がするトマトになるのでしょうか
無事収穫できることを期待しているところです
スポンサーサイト

手作りコテ

先日 展示会をした呆窯の松谷さんが
多忙の中 手づくりのコテをもってきてくれました

桜の木をネットで購入して手作りするそうです

cozyもコテ作りはするのですが
近所の建具屋さんが木切れをくれるので
それを利用してコテやタタラ板を作っています

頂いたのはとても使い勝手がいいコテのようです

 コテDSCN1236

早速 県展用に成形している作品に使ってみたところ
とても具合がよくて形がしっかりと決まりました

これからも大活躍しそうです

中古の石膏鉢

中古の石膏鉢が売りに出されたので
入札して購入しました

石膏鉢DSCN0850

元々は機械作りの鉢型のようですが
厚みもあって外径30cm

水を含んだ土から適度に水分を抜くのには
もってこいです
本体の値段より送料の方が高かったですが
大活躍中です

因みに泥漿状態の土が
半日も経てば練ることができるようになります

とっても重宝しています

最長不陶展

現在 徳島市の櫻ギャラリーで行われている
最長不陶展を見てきた

 案内状DSCN1225

吉野川市の陶房平樹庵さんが行なっている陶芸展だが
友人の呆窯・松谷良之さんが賛助出展しているので
覗かせてもらった

 平樹庵DSCN1223     呆窯DSCN1221
  平樹庵さん           呆窯・松谷さんの展示

ロクロの確かな技術がうかがわれる作品だった
cozyの来年の展示に関して参考にさせていただく点もあった

この展示は三日間だけで明日までです

プランタにいたのは

先日 野菜のプランタに水遣りしようとすると
こんなのがとまっていました

そうです アメンボウです!!

アメンボウ

雨の後 駐車場の屋根にいるのは
ときどき気がついたことがあるのですが
水気のないプランタにいるのは初めてです

勿論羽があって飛んで移動するので
どこにいてもおかしくはないのですが
水に浮かんでいる姿が印象的なので
他の場所で見つけると
思わず記事にしたくなってしまいます

我が家の周りはレンコン畑に囲まれていますので
住処はいっぱいあるはずです

一時間くらい後にはもういなくなっていました

第81回香川県展

昨日香川県展を見に行ってきた
もちろん工芸部門を

数年前から高松に住む友人の勧めで見に行くようになったが
初めて見たとき その作品レベルの高さに驚いた

高松と言えば漆芸が全国的に有名で
高松で学びその後全国で活躍している方も珍しくない

陶芸のジャンルに関してはもちろん伝統工芸もあるが
徳島ではめったにお目にかからない
日展系の作品が多い

ハンドアウトには受賞作品が写真掲載され
しかもカラー印刷である

 80香川県展DSCN1218   80香川県展DSCN1219
 ハンドアウトから

出品点数は各人一点であるので
徳島のシステムとはかなり違いがあり
見習うべき点が多いと思われる

伝統工芸展への出品作家が
県展に出品されていることもあり見ごたえがある

今年もすばらしい作品を見せていただき
いくつかヒントをもらった

第三期工芸部門の展示は明日までで
最終第四期は日本画が7/17から7/23まで展示される


買物をしにイオン高松東に行ったら昼時になり
すぐ眼の前にセルフうどん屋さんがあったので
飛び込みで立ち寄った

「枡うどん」というお店だった

作業服姿の人がたくさん入っており
ひょっとしたら人気店かも知れないと思った

cozyはいつものように釜揚げを注文した

おいしいうどんだったが
エッジのきいた硬めのうどんで
cozyの好みとは少々異なった
冷し系のうどんは多分うまくないと思われた
出汁はうまかった

写真を撮り忘れたが後でネットで調べると
やはり人気店で特におすすめは肉うどんだった

 枡うどん
 肉うどん大(画像はネットから拝借)

cozyは牛肉を食べないので
肉うどんを注文することはないが
次回行く機会があったら「かけ」もいいなと思った

オンブバッタ

先日プランタの野菜の様子を見ていると
こんなのが見つかりました

 
 オンブバッタ

そっと工房に連れ帰り
成形中のタタラ小皿の上に載せて
撮影してみました

布目の幅が約2mmなので
体長はなんと5mm

こいつは花壇の葉っぱを食い尽くしたり
野菜をかじるので我が家にとっては害虫だけど
あまりに小さいのでレンコン畑の草むらに
逃がしてやりました

二度とこちらに来ないようにと
言い聞かせながら...

かきじぃ人形贈呈

今日は早いもので七夕ですね
残念ながら曇って天の川は見えないようです

昨日 上板町役場に七條町長を訪ね
かきじぃ人形を贈呈して来ました

      贈呈かきじぃ
  七條町長           手に抱かれたかきじぃ人形

お忙しい方なので当然予めアポをとってのことです

上板町はcozyが生まれ育った地で
七條町長は小中学校にかけて
一緒に学んだクラスメートです
貧乏人のcozyとは違い色々な遊び道具がありましたので
小学校の時には邸宅を訪問し
二人でよく遊んだものです

昨年秋に上板町制施行60周年記念文化祭で
上板町ゆかりの陶芸家たちの展示会が行われたのですが
その時に七條町長から人形制作の依頼を受けていました

当初依頼を受けたときは有償でということだったのですが
cozyを育ててくれた地に何も恩返しが出来ていないので
その意味も込めて贈呈することにしたのです

制作に時間がかかりましたが
ほぼ思い通りに作りあげることができ
約束が果たせてほっとしていることをお話ししました

七條町長は実物を眼にしてたいそう気に入ってくれました

永久保存版として今後町長室の一隅に飾られると
とても光栄な言葉を頂きました

小学校の頃の話で盛り上がり
あれやこれやと話しているうちに
一時間余りも経過してしまい
久しぶりに懐かしい思い出が駆け巡ったのでした

陶芸雑誌

遅ればせながら先月末に陶工房を一か月遅れで購入してきた

陶工房DSCN1202
陶工房 81号

今月の読み物は電動轆轤の技術
「6kgの土で大壺を挽く」と
焼成の基本「油滴天目釉」

轆轤の大物はあまりうまくできないので
これを機に練習しようかと思っている

そもそも釉にはとても興味があるので
油滴天目もとても楽しみだ

今回も読み応えのある記事が満載なので
じっくり読んで時間の許す限り試してみよう

参院選を前に一言

参院選を前に 与党はアベノミクス以外には
なるべく触れないように前面に立て 
説得力もない消費税再延期が適切だったことを争点にして 
一方的な憲法解釈をして戦争法案を成立させた是非を国民に問おうとはせず
すり替えを図ろうとたくらんでいる

経済政策も必要だが 
戦争法案を数に任せて押し切った与党のやり方が正しかったのか
また今後にもくろんでいる憲法改正にも真正面に向き合い
これを争点に選挙すべきだとcozyは考えている

こんな大切なことを票稼ぎのためにやむやにしておいて
いざ選挙が終わったら 自分たちの主張が正しかったと
争点にしなかった隠れたテーマまで取り上げる態度は
G7サミットで自分に都合のいいことを各国首脳に押し付けようとする
安倍さんの態度に見て取れる

そもそも国民の6割以上が反対する法案を
しかも8割以上の国民が説明不足だとする声を無視して
議員の数の論理で押し切るような態度をした
一年にも満たない前の出来事から
国民の目をそらそうとする姑息な手段を取らせてはいけない

今回の選挙の第一争点は戦争法案であることは間違いない
マスコミにも責任があろうがこれに眼を逸らせる
卑怯な安倍さんなり与党の戦略に騙されてはいけない


憲法前文には
「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し
ここに主権が国民に存することを宣言し この憲法を確定する」
と記載されている

それを無視して 国民の意志不在のまま数で押し切ったのである
この責任は取ってもらう必要がある

また公的年金の運用損失がGPIFの報告では
5兆円を超えるというのに アベノミクスが成功していると
国民を愚弄し 更にはその公表を
例年報告時期より遅らせて参院選後までしないとか
明らかな国民だましの手を採ろうとしているが
こんなことは良識ある我々は騙されてはならない

また 基本的人権を求める原発被害問題もほとんど何も語られていない
殆どの被害者は今も地元に帰ることが出来ず
今なお原発汚染水が増え続け 対策は悉く遅れを取って
人的汚染水流出事件(事故ではなく)も後を絶たない

人が自然をコントロールできると考えるのは傲慢すぎる
もっと謙虚に人類のなせる限界を考え
それに基づいて動くべきだろう

選挙年齢が引き下げられる今回の記念すべき選挙では
何が争点なのかをもっとわかりやすく明確にして
国民の審判を仰ぐべきだし
投票権を持つ我々は一時の感情に流されず
国民の厳粛な信託たる候補者を選択し
立憲国家の根幹を国民不在の政府の行為で
揺るがすようなことがないようにしなければならないと考えている
プロフィール

pottery cozy

Author:pottery cozy
FC2ブログへようこそ!

陶工房/宏磁窯の他愛ない出来事を綴ります

ニックネーム:pottery cozy
都道府県:徳島県
性別:男性
血液型:AB
その他:1951年生まれ,射手座

カレンダー(月別)
06 ≪│2016/07│≫ 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR