素焼き

今日はぐっと冷え込みましたね

申の人形が素焼き窯から出てきました
もうしばらく作業が必要です

素焼きDSCN0390

窯の熱を利用して電気代を節約しようと
テストピースのお皿の高台部分に
上板町マスコットキャラクターの「かきじい」を焼き付けてみることにしました

かきじい
上板町のFBから拝借した「かきじい」

そしてこれが陶芸用おえかきペンで描いて焼き付けたもの

TP DSCN0393

なにせペンが10色しかないため
鉢巻きや着物のグラデーションには苦労しましたが
まずまずのものができました

おえかきペンは簡単でほんとにたのしいですよ
小さいお子様でも大丈夫 
スポンサーサイト

らくやきマーカー

何か月か前にこの本を買って来て
早く試してみたかったが
申人形作りで手が出せなかった

楽焼CIMG3089
らくやきマーカーの本

無印良品でさらに陶磁器用おえかきペンを見つけ
数種類の色が増えた

100均ショップで無地皿を買って来て
色サンプルとすべく風船のように丸と線を描いてみた

加熱して焼き付けが必要だが
我が家のレンジは温度表示がないので
そこは自称陶芸家
いつもの陶芸窯を使って200℃で25分焼き付けた

おえかきペンDSCN0387

すると予想以上にきれいに出来上がった
水やブラシで擦っても全く取れない

色によっては発色しにくいものもあり
磁器釉の上に描くので
どうしても描きムラができるのは仕方ない

でも眺めているとウキウキして 
楽しい世界へ導いてくれそうな気がする

朝刊

本日の徳島新聞朝刊に
先日技の館で行われた上板町物産紹介のひとつ
泉谷川ほたる米がブランド化されて販売されるという記事が載った

ほたる米DSCN0378
(写真はいずれもクリックで大きくなります)

その日は丁度cozyの作品をすぐ横で展示しており
会場に詰めていた
誰かが写真を撮っていた記憶はあるが
それが新聞社だとは知らなかった

で 朝刊を見ると写真の左上の方に
顔なしcozyが写り込んでいた

宏磁窯展示DSCN0343

この展示の宏磁窯の看板と
今年の県展準特選作品の一部が写っている

写真が新聞に掲載されたのは放美賞を獲った時だけなので
記事にしてみたくなった

ただ今増殖中

「増殖」と言っても 話題の「もんじゅ」ではない
cozyはそれほどいい加減な管理をしているわけではない

来年の干支人形の話だ
来年は申年
cozyが干支人形を作り始めたのは申からなので
12年経ったことになる

申人形DSCN0341
乾燥を待つ申人形

先日の陶芸展のために少し遅れているが
予定個数に近づいてきた
少しずつ表情が違ってとても可愛い

すでに20体ほどの注文が来ている

陶々堂さんにも納品するので
今月中に何とか焼き上げたい

陶芸展終わりました

上板町町制60周年記念文化祭陶芸展は無事終了しました
たくさんの方にご覧いただき本当に感謝しています

開場すぐに工房さささんが来てくれました
娘がさささんの後姿をたまたま撮影してくれていました
陶芸展DSCN0365

9時過ぎには七條町長がお越しになり展示を見てくださいました
また かきじいラッピング車両「かきじいGo!」の除幕式典も行われました
この車両は上板町観光物産協会がイベント紹介に使用するそうです

 人形DSCN0364   除幕DSCN0363
七條町長の除幕式挨拶   ラッピング車両「かきじいGo!」

朝は力餅大会 午後は餅投げと盛況でした
陶芸展を見てくださった方もたくさんいました
特に小学校時代の幼馴染みがたくさん訪れてくれて
色々と評価を頂きとてもうれしかったです

 餅投げDSCN0367
 餅投げの様子

七條町長からはかきじいの陶人形の注文が入りました
折角のお言葉なので制作してみるつもりです

忙しかったですが 楽しい二日間でした
たまたま席を外しているときに来てくださった方もおり
申し訳ありませんでした
お越しくださった皆さま 本当にありがとうございました
心より御礼申し上げます

上板町文化祭 陶芸展

- ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ -

-陶芸展のお知らせ- (開催日時が変更になりました)

板野郡上板町町制60周年記念文化祭のイベントとして
上板町にゆかりのある陶芸作家による陶芸展が行われます

開催日に変更があり 搬入陳列した14日(土)も展示公開となりました
陳列作業が終わってからとなりますが 14日は午後からだと確実です
15日は17時閉館なので16時まで展示します
ご興味がおありの方はご来館のうえご覧ください

日時 平成27年11月14日(土) 搬入陳列後-17時
    平成27年11月15日(日) 9時-16時
場所 技の館 (板野郡上板町泉谷字原東32番地4) 電話088-637-6555
出品者 三井ます美 松下敏之 谷口裕志 松谷良之 松本宏

- ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ -


始まりました 陶芸展

 全体DSCN0342   呆窯DSCN0347   宏磁窯展示DSCN0343

 全体像             呆窯の展示         宏磁窯の展示

本日と明日9-16時に開催されています

天気には恵まれませんでしたが どうぞお越しください

干し柿

今年も友人から愛宕柿をたくさんもらって来て
干し柿作りを行った

2015干し柿DSCN0334

コンテナ一杯分干したので100組近かった

暫くは天気が良くて順調に乾いていたが
ここ数日雨が続き湿度が高く
しかも夏日かと思えるほどの気温だった

その結果
干し柿にはあっという間に青カビが広がった

消毒用アルコールで拭いてみたが治まらなかった
友達に対処法を尋ねたが手がないとのことだった

今年の干し柿作りは失敗だった

自然相手のことなので仕方がないが
残念すぎてその姿を撮影するのも辛かった

グスン

白樺湖~白州~天城高原 そして徳島へ


さて旅行の三日目

長野県から静岡県までの旅でした

上諏訪温泉から茅野市を通りビーナスラインを遡って
白樺湖を目指しました

 暖炉DSCN0310     白樺湖DSCN0313
 陶芸カフェの暖炉         白樺湖畔

朝の気温は低くて7度くらいでした
立ち寄ったカフェの暖炉の火が心まで温かく包んでくれました
白樺湖畔の木々は赤や黄色 オレンジと色鮮やかに染まっていました


次に山梨にあるサントリー白州工場に向かいました
工場見学をするつもりでしたが
旅行行程上 見学ツアーの予定時刻までは滞在できず諦めました

 白州DSCN0315     白州DSCN0316
白州の有料試飲とレストランでの昼食
      
昼食を併設されたレストランで簡単に済ませ
最終宿泊地の天城高原に向かいました

高速道路と国道 有料道路などを乗り継ぎ
ミスコースしながら会社の保養所に何とか暗くなる直前にたどり着きました
伊東市街から車で40分くらいの山中にありますが
お風呂は温泉で他に入浴する人がいなかったので
ゆっくりとサウナやお風呂を楽しみました

 天城DSCN0324  天城DSCN0320  天城DSCN0321  天城DSCN0323 
お品書きと豪華な食事の数々

提供された食事は料理旅館に勝るとも劣らない立派なものでした
海の幸は新鮮で刺身は絶品でした

翌日朝焼けの相模灘方面を眺めました

 天城DSCN0326

天城高原もすっかり秋の気配になっていました

そして楽しい旅も最終日となり
天城を朝8時に発ち 徳島への道のり約600kmを
ひたすら8時間走って無事帰宅しました

この間おいしい食事が続き 運動しなかったので
驚くほど体重が増えていました

一週間かけてやっと元の体重に戻りホッとしています

瀬戸から上諏訪へ

さて旅行の二日目

滋賀県から長野県までの旅でした

 朝焼けDSCN0289
宿泊した保養所から朝日を眺めました
琵琶湖や大津市内が一望できます

高速道路を走り愛知県に突入です
瀬戸にある愛知陶磁美術館を訪問しました

 愛知陶磁美術館DSCN0290     愛知陶磁美術館DSCN0291
 建物外観と中庭

常設展を見ました
縄文時代から現在に至る歴史を彩る展示でした
韓国や中国 アジアの陶磁器も展示されていました
もちろん撮影はできませんでしたので建物外観のみです

観覧を終えると食事時になったので
近くにある道の駅で名物の味噌カツを食べました
 味噌カツDSCN0292

梶田絵具店で陶芸材料を購入し次の目的地 伊那に向かいました

 りんご狩りDSCN0296
 みはらし観光農園

相方が楽しみにしていたりんご狩りです
到着したときすでに受付時間を過ぎていましたが
徳島から来たと話すと特別に入場させてもらえました

生まれて初めてりんごをもいで口にしました
フジはみずみずしくてバランスのいい甘さと酸っぱさが広がりました
相方と顔を見合わせてうなづき合うほどのうまさでした

そしてその夜の宿は上諏訪温泉でした

 渋の湯DSCN0301

諏訪湖の恵みが詰まった料理を愛でながら
地元宮坂醸造の真澄を楽しみました

源泉かけ流しの温泉にどっぷりとつかり 二日目の夜が更けていきました

陶芸展のお知らせ&兵庫から滋賀への旅行

- ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ -

-陶芸展のお知らせ-

板野郡上板町町制60周年記念文化祭のイベントとして
上板町にゆかりのある陶芸作家による陶芸展が行われます

cozyは上板町で生まれ育ち 結婚するまで上板町に在住していました
現在は藍住町に住んでいますが
七條上板町長や町会議員さんからの要請もあり出品することになりました

開催日に変更があり 搬入陳列した14日(土)も展示公開となりました
陳列作業が終わってからとなりますが 14日は午後からだと確実です
ご興味がおありの方はご来館のうえご覧ください

日時 平成27年11月14日(土) 搬入陳列後-17時
    平成27年11月15日(日) 9時-17時
場所 技の館 (板野郡上板町泉谷字原東32番地4) 電話088-637-6555
出品者 三井ます美 松下雄介 松下敏之 谷口裕志 松谷良之 松本宏

- ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ - ◇ -


さて旅行の一日目

兵庫県から滋賀県までの旅でした

まずは兵庫陶芸美術館

美術館DSCN0262

とても雰囲気のあるきれいな美術館で
平安時代からの古丹波の展示にとっても迫力を感じました
残念ながら展示品の画像はありません

篠山市周辺を探索し その後京都市の伊根に向かいました
そうです かの有名な舟屋群です
途中に天橋立もありましたが残念ながら時間がなくて余り長居はできませんでした

伊根DSCN0275

伊根の舟屋群は初めて訪れました
時間があればゆっくり街を探索したかったですが
道の駅の展望台から舟屋を眺めただけに終わりました

天橋立DSCN0269     伊根DSCN0265
伊根の舟屋

京都を経由して比叡山へと向かいました
勤めていた会社の保養所に宿泊です
宿泊所の夕食は豪華を絵に描いたような立派なものでした

一部をご紹介します

夕食DSCN0278   夕食DSCN0279   夕食DSCN0281

このほかにもたくさんのごちそうがありました
  
夜景DSCN0283

そして窓から眺める琵琶湖と大津市内の灯りは
えも言われぬ大パノラマでした

こんな風にゆっくりと旅の一日目が更けていきました

藍住町文化祭&藍美展

暫く旅行に行っていたので ブログから遠ざかっていた
旅行の話は後日記事にすることにして
今日は地元藍住町で行われている文化祭と藍美展のお話

文化祭では陶芸クラブが展示を行っている
(と言ってももうそろそろ搬出が行われる時間だ)

宏磁窯でときどき作業をされるU屋さんや
かつてのメンバーたちの作品を見学してきた

 文化祭DSCN0327     文化祭DSCN0329
 U屋さんの陶灯り        M輪さんの作品

皆さんの作品に対する心意気がこちらに十分伝わりました
とても丁寧に時間をかけて制作されたことが窺い知れました

残念ながらこの文化祭展示は今日までです


そして近くの会場で今日から別途開催されている藍美展
日本画 洋画 書道 写真 美術工芸 デザインの作品が展示されている

見事な藍染め作品を二点ご紹介

 藍美展DSCN0331     藍美展DSCN0332

月明かりに浮かぶ島々を写真で切り取ったようなきれいな作品と
山水画のような見事な藍染め作品

とっても感動的な仕上がりでした
(撮影時に天井の灯りの映り込みを避けたつもりで
自分が写ってしまい申し訳ない)

藍美展の方は3日まで開催されています
足を運ぶ価値があることはcozyが保証します
プロフィール

pottery cozy

Author:pottery cozy
FC2ブログへようこそ!

陶工房/宏磁窯の他愛ない出来事を綴ります

ニックネーム:pottery cozy
都道府県:徳島県
性別:男性
血液型:AB
その他:1951年生まれ,射手座

カレンダー(月別)
10 ≪│2015/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR