ピッツァとパスタ

先日機会があって久々に徳島市内のスガッチィで食事をした
スガッチィは大好きだがなかなか予約が取れない
たまたま予約できたが 当日も満席だった

飲み物は取りあえずビールを頼み
まずはモッツァレラチーズとフルーツトマトの前菜
残念なことにお腹が空いていたので写真を撮り忘れた

続いてはピッツァ・マルゲリータ
いつものことながらトマトソースがたまらなくうまかった

 スガ1DSCN0757     スガ3DSCN0758

実はこのマルゲリータの残りが少なくなってはじめて
写真を撮り忘れていたことに気がついた
ブログのことなんか忘れてしまうくらいうまかったということ

続いてはピッツァ・ミモザ
クリームソースでモッツァレラ コーン ベーコンなど

次はパスタ
飲み物は白ワイン
そして今回のオーダーはエビとクリームソースのパスタ
濃厚でおいしかった

 スガ2DSCN0759     スガ4DSCN0760

そして〆はデザート
ご覧のような豪華さ
(実はcozyはデザートを全部食べることができなかった)

単に酒の飲み過ぎ

ああ 楽しくておいしい夜だった
スポンサーサイト

写真展

昨日は写団阿波っ子の写真展最終日でした

近所の方から案内状を頂いていましたので
相方と一緒に見学させていただきました

写真展DSCN0754

放美展や県展の展示は別にして
こういうグループ写真展に出かけることは
あまりなかったのですが
撮影者によりテーマや撮影手法に傾向を覗うことができ
興味深かったです

実際にお話を伺うと
早朝や夜間撮影したりで時間的制約があったり
遠いところまで出かけたりと
撮影には大変なご苦労をされているとのことでした



開催されていたのがアミコビルの三階でしたので
同じ階にある献血ルームアミコに立ち寄り
献血を申し入れましたが
腰痛のために服薬している薬の影響のために
献血を断られてしまいました

AB型の血液があと6人分不足しているとの
掲示板のの表示を見て協力を申し入れたのに
非常に残念な結果に終わりました

服薬はしばらく続ける予定だし
献血のために服薬を中止するのも本末転倒なので
献血を止めることにしました

真鯛

先日友人のYさんからご主人が釣って来たという真鯛を頂きました

食べごろサイズの37cmでした

真鯛DSCN0742
物指しは30cm+α

相方が三枚におろしてくれたので
皮をつけたまま焼き造りにしました

やはり天然鯛は味が違います
身の適度な弾力と旨み
そして皮と身の間から出る上品な脂

おいしゅうございました

もちろん骨についた身は
さっと焼いた後
アラ煮きにして残すところなく
全て頂きました

Yさん ありがとう
これからもおいしい魚待ってます


自治会活動

昨日は町内一斉清掃の日でした

我が団地自治会も住民総出で清掃活動を行いました
久々に暑い日差しを浴びての作業だったので
汗だくになりましたが
団地集会所の周辺や空き地 自宅の周りを掃除し
すっかりきれいになりました

 清掃中CIMG3040     清掃後CIMG3042
   清掃中              清掃後

そして清掃後は徳島県防災センターから講師を招き
団地集会所で防災の講演会を行い
南海トラフ大地震や津波への心構えや
対処法等について学びました

防災講座CIMG3043

朝8時から4時間 たっぷりのメニューで
充実した半日でした

写真展

知り合いの瀧下さんから案内状を頂きました

5月22日(金)から5月24日(日)の間
アミコ3Fシビックセンターギャラリーにて
写団阿波っ子の写真展が行われます

写真展DSCN0713

もちろん入場は無料です
ご興味をお持ちの方はご覧ください

ラッキョウ

もう10年も前になろうか
沖縄に初めて行った時から
あまりのうまさに島ラッキョウの虜になった

何とか徳島で簡単に手に入らないかと
いろいろと探し回っていた

島ラッキョウの種株をたまたま見つけ
プランタ栽培したこともあったが
プランタ栽培ではたかが知れている

それで見つけたのがエシャレット
ラッキョウの若取り

偶然見つけ一度食してみて
島ラッキョウにも匹敵すると
とても好きになった
でもこれも季節限定だし
なかなか見つからない

エシャレットDSCN0739

先日たまたま出かけた農産市で見つけ
売場に残っていた五袋をすべて買ってきた

その日の夕方
お知り合いのU屋さんから
ご自分が育てた島ラッキョウを
たくさんいただいた

島ラッキョウDSCN0740

このうち一部は食べて
うまく根が残ったものを植えれば
来年はどんと増えるとの話

うまく栽培できれば来年からは
欲しいだけ島ラッキョウが食べられる

うれしくて夢のような話になって来た
さあプランタと土を買って来よう

生シラス丼

去年は一日早く行ったために食べ損ねた生シラス丼
今年は満を持して上の娘も一緒に昨日出かけた
残念ながら空は泣きだしそうだった

昼前に出発して約一時間走り
淡路市のわだつみの宿に到着した

 生シラス丼
 海鮮生シラス丼

リベンジだったのでじっくり味わった
新鮮で生シラスの優しい味がとてもうまかった

食事を終えて近くにある花さじきに向かった

 花ざしき1     花ざしき2
    ポピー              リナリア

もっとゆっくりしたかったが
雨が強くなって少し寒くなって来たので
途中で切り上げて帰途についた

次回は花さじきのリベンジを果たさねばならなくなった

箕面ビール

上の娘が持ち帰ったビール
友達から送ってもらったものだという

相伴させてもらった

20150504箕面ビール
箕面ビール
ヴァイツェン ペールエール インペリアルスタウト

さすが地ビールはナショナルブランドとは違ううまさがある

ヴァイツェンはフルーティ
ペールエールは柑橘系の香りとキレ
インペリアルスタウトは程よい苦味と上品な甘み

三種類を飲み比べることができて楽しかったが
酒のみ二人で飲むにはすこし少なすぎた  

第23回放美展表彰式

放美展の受賞者表彰式に出席した
たくさんの方が出席し盛大に行われた

 大貝     写真

表彰場面 左は美術工芸部門放美賞の大貝さん
右は写真部門優秀賞の小富さん(中央白)と増田さん(右黒)
小富さんは同じ団地の住人
増田さんはかつて一緒に仕事した先輩

 楯     賞状
 表彰トロフィー       表彰状と副賞 

今年から表彰状が小さくなり トロフィーが新たに授与された

 審査員評
 審査員の講評

美術工芸部門の講評は森明治先生
優秀賞の中で特にcozyの作品が繊細な表現がなされていたと
ありがたいお言葉を頂戴した

来年からは無鑑査出品なので
今回が最後の表彰式だった

今日の四国放送ニュースで授賞式が放送されるとのことだった

クドア

先日 気になる記事を見つけた
近年 生のマグロを食べた人が
食後短時間で下痢や嘔吐など
食中毒症状を発症する事例が
全国的に広がっているそうだ

その原因として疑われているのが 
粘液胞子虫(クドア属)というわけである
粘液胞子虫とは寄生虫だが
かの悪名高きアニサキスよりはずっと小さくて
肉眼では見えない
2011年から厚労省が新型食中毒として扱うことになっている

クドア
クドアの拡大画像 ひとつが10ミクロンくらい
こう見ると花柄に見えなくもない

クドアと言えば養殖ヒラメを連想するが
生のマグロでの食中毒事例の原因が
クドアではないかと疑われている

東京都健康安全研究センターがマグロ類の
クドア寄生実態調査を行った結果
日本産メジマグロは67% 
日本産クロマグロは10%が
クドアに汚染されていたということだ

メジマグロとはクロマグロの幼名で
徳島ではヨコとかヨコワと呼んでいる

メジ
メジマグロ(画像はいずれもネットから拝借)

クドアは-15度から-20度で4時間冷凍か
75℃以上で5分間加熱すると失活するそうなので
冷凍マグロや煮れば問題はない 

生のクロマグロは食う機会がほとんどないが 
ヨコは鮨屋でよく口にするし 
いかにも脂の乗りがよさそうなものを
スーパーで買うこともある 

君子危うきに近寄らずだが
君子ではなく普通のおっさんなので近づきそう

驚いたことに....

気の早い話だが この数か月
来年の干支人形作りで頭を悩ませていた

来年と言えば 申

そもそも干支人形作りを思いついたのは丁度12年前
当時指導を受けていた先生の申人形を真似して一体作ったことから始まった
だから申を作れば人形作りが一巡することになる

もちろん申の人形はすでに作って
揃い人形として販売もしているが
作ったのは数体のみ

1体仕上げるのに時間がかかったところで数体なら
真面目に取り組めば1週間もあれば出来上がる

でも例年の干支人形成形数は70-80体
単純計算でも集中してやり続けて2か月半

難しい話なのでデザインを変えようと考え続けていた

つい先日 土をこねくり回してつまみ出していたら
こんなものが出来上がった

申試作

右側の申人形 ちょっとゴリラ似
まだ修正の余地はあるが及第点

長い間悩んでいたが一つアイデアが浮かぶと
もうひとつのデザインが具体的になり
くるくると土を丸めて左の申人形も出来上がった

多分この二つを改良すればうまく行くだろうとの
まずまずの感触が得られ一安心

---------------------------

ところで話題は変わるが 今日から放美展の展示が始まる

昨日の徳島新聞に審査員評が掲載されたが
cozyの作品についても取り上げられ
「作者の思いを秘めたような繊細な表現技法で,印象深い.」
ともったいないほどの評価を頂いた

この度の入賞で無鑑査資格が得られたのはすでに記事にしたが
その結果 驚いたことに美術家協会美術工芸部門の事務局から
委員として活動することを要請された

委員をなさっているのはその道のプロや教職についていた先生方ばかり
趣味に毛が生えたくらいのcozyとは大違い

ということでお申し出を受けたときはしばらく躊躇した
でも自分にとってはとても名誉なことだし
さらに大きく飛躍するためにはいい刺激だと考え直し
お引き受けすることにした

とはいっても今でも不安な気持ちが時々頭をよぎる
期待と不安の入り混じった時間を過ごしている

プロフィール

pottery cozy

Author:pottery cozy
FC2ブログへようこそ!

陶工房/宏磁窯の他愛ない出来事を綴ります

ニックネーム:pottery cozy
都道府県:徳島県
性別:男性
血液型:AB
その他:1951年生まれ,射手座

カレンダー(月別)
04 ≪│2015/05│≫ 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR