防災講座

北島町にある県立防災センターで
「知っておきたい防災講座」のテーマで
講演が行われたので聴講してきた

と言っても自ら前向きに受講を希望したわけではない

実は cozyの住む団地の自治会に新しく自主防災組織ができた

徳島県が主催し防災生涯学習講座を開催しているが
自治会防災組織の活動の一環として受講することになったので
同行したというのがホントのところだ

防災講座CIMG2507

徳島地方気象台の先生方が講師を務められ
①地球温暖化について
②竜巻から身を守る方法
の二題の講演が行われた

自主防災組織は近い将来想定される
東南海地震による大災害を意識して発足したので
今回の講演内容は主旨がちょっと違っていた


話題は全く変わってしまうが
面白い記事が今日の朝刊に載った

釣りクラブのキス釣り大会が昨日行われたが
釣り仲間がキス釣りをしていて
アカウミガメの上陸・産卵を目撃し
その写真が新聞社に提供されて記事となった

cozyは防災講演受講のために
その大会には参加していなかった

ウミガメCIMG2518
徳島新聞から転載
(写真をクリックすると提供者の実名も見えるが...)

その海岸はホームグラウンドなので
もう何十年も通った場所だが
一度もカメの足跡すら見たこともない

偶然とはいえ かくも貴重な光景に出合えるなんて

スポンサーサイト

集団的自衛権

安倍首相が自分の意見に賛同する者で組織させた
安全保障に関する有識者懇談会なるものを立ち上げ
そこから提出させた報告書に基づき
憲法解釈変更による集団的自衛権の行使を容認させるという
無謀で大胆な考えを推し進めている

たとえどのような姑息な論理を用いて結論を捻出したとしても
日本国憲法第9条で禁じられている
集団的自衛権の行使は認められるものではないはずだ

憲法改正ができないからと言って
憲法解釈を変更して他国の戦争に自ら加わるという
プロセスを描くのはあまりにも飛躍しすぎであり 乱暴である

法治国家の憲法をなんと考えているのであろう

憲法制定後の吉田首相をはじめ
歴代内閣が守って来た戦後日本の平和主義の考えを
わずかの賛同者の意見に基づき大きく変えることは到底無理な話だし
まして この大事なテーマを論ずるのに国民の声を全く無視しているのも大問題である


靖国神社参拝を始め領土問題などで
韓国 中国や北朝鮮との軋轢をわざと目立たせ
国民の危惧を煽り立てて
これをもとに憲法解釈を変更して
集団的自衛権を閣議決定するなどという愚行は
絶対にさせてはならない

集団的自衛権とは他衛権だと切り捨てる学者もいる


今まさに優先せねばならないのは
集団的自衛権の閣議決定ではなく
周辺諸国との関係修復であることぐらい
あなた方が無視している民はわかっている

W杯三戦目

一次リーグ突破のわずかな望みをもって
身体を清めてコロンビア戦を応援した

惨敗だった

大エースのファルカオが出場できていなくても
前試合から先発メンバーを8人入れ替えても
見事な戦いぶりだった

今の戦術ではたとえ10回戦っても
勝てそうな気がしなかった

日本のサッカーレベル
アジアのサッカーレベルをいやというほど知らされた

  コロンビア戦  (画像はネットから)

あとは素晴らしいプレーを見せてもらって
いつものようにサッカーそのものを楽しませてもらおう


さて気持ちを切り替えるために
こんな画像をお届けしよう

今年も蓮畑でつぼみが開き始めた

  

今年の第一号
明け方にストロボをたいて撮影してきた

つい半月前までは水辺を泳ぐ鳥が
蓮の間から垣間見えたが
今はもう うっそうと茂り 
鳥は鳴き声しか聞こえてこない

夏至も過ぎて本格的な夏の到来である

香川県展

脇町で陶芸展を見た後で
国道139号線で清水峠を越えて高松に抜けた

丁度県立文化会館で開催中の香川県美術展覧会を見るために...

高松に入ってすぐにまずは讃岐うどんで腹ごしらえ
久しぶりに有名店に入ったがあまりうまいとは感じなかった
自分自身の味覚が変わりつつあるのかもしれない

入場券CIMG2497

香川県展では日展系作風の出品者が多く
徳島ではあまり眼にしないので
新鮮さを感じることができる

教育委賞CIMG2499     奨励賞CIMG2501     奨励賞CIMG2503

今回の陶芸関係の受賞者の作品を
ハンドアウトより転載させてもらった

香川県展では受賞作品の写真入りの
ハンドアウトが用意されておりとてもいいシステムである
当然費用がかかるが
徳島県展もそうなればいいのにと
香川県展を見るたびに思う

今回もいい刺激とヒントをもらって
会場を後にした

萩焼三人展

萩焼の有名作家大和保男さんと
長男猛さん 次男務さんの三人展が
徳島県の西部 美馬市脇町にある萩の庵で開催されていたので
相方を誘い訪れた

萩の庵CIMG2496

カフェギャラリー萩の庵には行ったことがなかったが
いつも洗練された作品展が行われており
一度訪れたいと常々気になっていたが
今回やっとその思いを果たした

ちょっとわかりにくくて 近くまで行ってから探したが
予想した通り 落ち着いたたたずまいで
とてもゆったりとした雰囲気を醸し出していた

三人展CIMG2494

大和保男さんはご存知の通り現在の山口萩焼の大家で
伝統工芸展でも毎年洗練された作品を楽しませていただいている

猛さんは食器や花器を中心とした展示であった
務さんも伝統工芸展の常連作家で
今回は黎明釉という青を基調とした作品が眼を惹いた

萩の庵のオーナーの平田さんは大和保男さんの姪御さんとのこと

作品は気軽に手を出せる価格でなかったので
今回は見せていただくだけにして
おいしいコーヒーを味わって
萩の庵を後にした

W杯二戦目

今 ギリシャとの戦いが終わった
ボールを支配し攻める姿勢は見られたが
相手が一人少ない状況

どうしても勝ち点3をあげてほしかった

vs Greek
画像はネットから拝借

一次リーグ最終戦が残っているが
決勝トーナメントに進むには
コロンビアに勝つことが最低条件

もう一度戦う姿勢を見せてくれ !!

父の日

今日は大切なW杯の初戦だった

青い戦士たちは先制したものの
ドログバが交代出場すると雰囲気ががらりと変わり
続いてヘディングで得点され
勝ち点をあげることができなかった

非常に残念なスタートとなった

ところで今日は父の日

子供たちから相次いでプレゼントが届いた

           

下の娘からは地ビールセット
よなよなエールなど

上の娘からはシャンパン
ルイナールのブラン・ド・ブラン

娘たちよありがとう

今晩は勝利の美酒といきたかったが
5日後のギリシャ戦の好結果を祈念して
前祝いということにしよう

W杯ブラジル大会開幕

待ちに待ったW杯が開幕した

       images[9]
  (画像はいずれもネットから拝借)

西村主審をはじめとするクルーが
日本人として初めて開幕戦の審判を務めた
歴史的な出来事である

ブラジルvsクロアチア戦でのPK判定には批判もあるようだが
少しでも触れればいとも簡単に倒れる南米の選手の策略に
欧州スタイルが見事に陥ったと見えた

審判はスロービデオを見ているわけではない
でもビデオでも明らかに守備選手の手が体にかかっている
PKかどうかは審判の判断だ
ファウルには違いない

それよりもPKエリアのすべてのファウルに
イエローやレッドカードが出されることが不思議だ


日本の初戦は15日10時 vsコートジボワール
いい準備をして いい試合を見せてくれ

地球の裏側での試合なので
しばらくは寝不足が続くことになる

本焼き窯出し(2)

先日本焼き窯から出てきた作品を----

一つだけ大物の再焼きがあったので
周りに詰めたのは小物が少々

まずは小皿
織部を酸処理してきれいな色に仕上がった

  小皿CIMG2425
径は約11cm 呉須絵と御影粒がとてもいい雰囲気


この二つは箸置 カタツムリとニャンコ

  カタツムリ箸置CIMG2420            ニャンコ箸置CIMG2418
カタツムリは55x35x(h)20mm     ニャンコは35x35x(h)20mm

cozyの華奢な指で細かな仕上げをするので大変だったが
とても気に入っている(クリックすると少し大きくなる)
ぜひともニャンコの表情を見てほしい
心が癒され見事に緊張がほぐれていく


そして最後は干支人形のメモ立て

  巳メモCIMG2424       午メモCIMG2421       午メモCIMG2423
  巳メモ立て(h)30mm         午メモ立て 白と茶 いずれも(h)35mm 

巳人形は口にメモを挟み 午人形は背中に挟むことができます

箸置とメモ立てはペーパーウエイトにすれば
机上において 息抜きにも最適です

いずれも一つ¥500で販売中 
ご購入希望の方は 鍵コメで連絡ください  

ホタル

平年より若干早く梅雨入りしましたね

今週初め鳴門市にある大谷川にホタルを見に行ってきました

ブログを書くようになってからは毎年この時期を待って大谷川に行きます

今年は例年より早いと聞き及んでいました

美郷や坂本川のように一面に飛び交ってくれるとうれしいのですが
残念ながら今年は一視野あたり5匹くらいが限度でした

カメラで捉えようとしましたが
↓ これが精一杯でした

大谷川蛍DSC_0184

愛想がないのでネットで見つけた
坂本川のホタル画像を拝借して載せておきます
シェラさんの近くではこんな乱舞が見えるんですね
うらやましい限りです

images[9]

cozyが子供の頃は家の前を流れる小さな谷がとっても水がきれいで
カワニナもたくさん住んでいましたから
夕暮れになるとあちこちでホタルが飛び始めるのを
よく眺めていたことを思い出します
古き良き時代の話しです

アジサイCIMG2462

梅雨に合わせるように我が家のアジサイがきれいな花を咲かせています


ところですっかり忘れていましたが
昨日でこのブログは開設してから5年目に入りました
これからも他愛ないことを綴って行きます

足立美術館と境港

島根・安来市にある足立美術館に行ってきました

素晴らしいところだといろんな方から聞き及んでおり
一度行きたいと思っていましたが
雪の積もらない時期がよかろうと
相方と二人で朝早く出発して島根に向かいました

途中休憩も入れて3時間半くらいで到着しました

  足立美術館CIMG2439

非常に広い美術館で展示品もたくさんありました

まず目を引いたのは庭園の素晴らしさです
庭園は撮影自由でしたが 展示作品の撮影は禁止されていましたので
庭園だけをご紹介します

  足立美術館CIMG2445     足立美術館CIMG2446

左は撮影したもの 右はパンフレットから拝借した秋の紅葉の庭園

  足立美術館CIMG2449

これは庭園を借景にした生きた掛け軸
残念ながら人がたくさん庭園を眺めているので
その後ろ姿も一緒に取り込まざるを得ませんでした

陶芸関係の展示は島根出身の大陶芸家
河井寛次郎と魯山人

絵画は横山大観の富士絵
美人画の上村松園 獅子絵の竹原栖鳳など
見ごたえのある絵を堪能しました

そして童画
今回眼にするまで名前を存じ上げていませんでしたが
林義雄さんの童画のかわいさに心を奪われてしまいました

  足立美術館CIMG2461

そういうわけで今回お土産として手に入れたのは 
童画の世界という展示品の図録

その感動を覚えながら毎日その絵や作品の写真を眺めています


お昼時には境港で食事をしようということになり
鳥取県の境港にあるさかなセンターに向かいました

  境港CIMG2453

到着すると休日にもかかわらず
予想外にひっそりとして観光客もまばらでした
そこに併設されている市場食堂で昼食を予定していたのですが
なんと市場食堂は経営破綻なのか閉店の張り紙がされておりました
せっかく徳島からそこでの食事を楽しみしておりましたのに
前日にチェックしたネット情報には
そんなことは一言も書かれておりませんでした
境港市のネット情報は信頼できません

そして仕方なくすぐ近くの海堂というお店に向かいました
駐車場には車があふれんばかりに停まっていましたので
ここなら大丈夫と市場食堂のリベンジを果たすべく入店しました
結構大きいお店で100以上の席がありました
店に入るとたくさんの先客が待っていました
我々もしばらく待ちましたが
店の方は一度も接客に顔を見せず
次々と席待ちの方が店を出て行きました
見れば40席ほどの食事の後片付けが全くできていなくて
店の客に対する対応の仕方が見て取れましたので
我々はそのことがわかった時点で即座に店を出ました

非常に残念な境港の二つの出来事でした
こういう店は一日も早く淘汰されるべきでしょう

みなさん さかなセンターと海堂には立ち寄らないことをお勧めします
(非常に腹は立っているが大人げないので取り消し)

お腹もすいてきましたのでもう少し離れた「大漁市場なかうら」というところに行きました

ここに併設されている弓ヶ浜という食事処は席数はそれほど多くはなくて
しばらく待ちましたが接客は確かで待っていても安心できましたし
とてもおいしい境港の魚を頂くことができました
また市場で新鮮な海産物もおみやげに買ってきました

  境港CIMG2457     境港CIMG2454

市場の入り口には大きな鬼太郎の石像がありました
今回は食事に手間取り鬼太郎ロードを見る時間が取れませんでしたが
もし次に機会があればそちらにも行きたいと思っています

一方で心を動かされて もう一方ではちょっぴり残念な旅でした

本焼き窯出し(1)

6月に入り初日が真夏日となりました
工房は33度を超えています

さて暑いさなか久しぶりの本焼きを行い
窯出しをしました

まずははなちゃん みさきちゃん ともくんの箸置
(左上から順に時計回りで)
ニャンコの顔が細かく書かれています
ともくんは記念すべき初めての作品です

  真田F箸置CIMG2428


続いて祐ちゃんの星型キーホルダーと梅花鉢

  祐ちゃん星形CIMG2432     祐ちゃん鉢CIMG2433
淡い下絵具でかわいく仕上がりました


次は大人の作品
陶芸体験でこんなものが出来上がりました

  O島さん花入CIMG2431     Y田さん眼鏡置CIMG2429     Kさんギター馬CIMG2430
  O島さん花入         Y田さん眼鏡置       K代さん楽器馬

花入れはポイントに入れた赤と水色の釉がさわやかでとてもきれいです
焼き上がりまでお待たせしてすみませんでした
眼鏡置は頬のピンクがかわいらしく出ています
楽器馬は細かいところまで作りこまれ
サスペンダーや蝶タイを描き込むことで
とても生き生きと仕上がりました


また工房に作品をお引き取りにお越しください
プロフィール

pottery cozy

Author:pottery cozy
FC2ブログへようこそ!

陶工房/宏磁窯の他愛ない出来事を綴ります

ニックネーム:pottery cozy
都道府県:徳島県
性別:男性
血液型:AB
その他:1951年生まれ,射手座

カレンダー(月別)
05 ≪│2014/06│≫ 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR