あれ?っと思ったら

3月1日にはいよいよJ1が開幕する
今年はW杯イヤーで出場をかけて選手のプレーにも激しさが増すはずだ

地元チーム徳島ヴォルティスは今季からJ1参戦
サッカーファンとしては大きく期待が膨らむ
ぜひともいい成績を残してほしい

ところでcozyの通っているジムに
先日来 徳島ヴォルティスのMFアレックスが
顔を出すようになった(と思っていた)
アレックスはブラジル・クルゼイロから来日し
福岡,柏,千葉,鹿島などを遍歴した有名プレーヤーだ
2012年シーズンからヴォルティスでプレーしている

アレックス2 アレックス4
いずれもヴォルティスのHPから拝借
アレックスの今のナンバーは3

サッカー好きのcozyにとって
そんな有名人と話をしない手はないと
こちらから話しかけた

「アレックスなの」
「違う...兄弟」
「じゃあ お兄さんなの」
「そう アラン」
「そうなのか アレックスだと思った」

アレックスに双子の兄がいるとはネットの情報から知っていたが
まさかそのアランに会えるとは

しばらく話をすると
来週までの予定で徳島に滞在しており
トレーニングをしているとのことだった
所属チームを尋ねたら契約満了で
現在プレーチームを探しているとのこと

「いいプレー先が見つかるといいね」と言って別れた

と 話はここまでだが
住む世界が違う有名サッカー選手と言葉を交わすことができて
このブログで紹介したくなった


ところで個性的な声のTVタレントの冨浦智嗣くんも
同じジムのメンバーでよく挨拶を交わす
先日も撮影のことなどを聞きながら
しばしサウナで同じ時間を過ごしたのだった

冨浦君
画像はネットから拝借

だれにでも気さくに挨拶するいい青年だ
スポンサーサイト

またか!! 汚染水漏れ

東京電力福島第一原発のタンクから
また汚染水が漏えいした
昨年夏の300トンに次ぐ大量漏えいとなる

東京電力によると
19日にタンクの上部から汚染水が漏えいしているのが見つかり
一部は雨樋を通じ地中に染み込んだという

yjimage[3]
画像はネットから拝借

今回流出したのは極めて高濃度の汚染水で
約100トンに上るとされており
ベータ線を出す放射性物質が
1Lあたり2億3千万ベクレルということである
これを流出した総量に換算すると
23京ベクレルという前代未聞の放射能漏れである

京という単位を目にすることは滅多にない
それほどの放射性物質があふれ出たということである


漏えいの原因はタンクに汚染水を移送し続けたために
上部から溢れが発生したと報道された

前回の事件で採用された対策である
満水警報機から発せられたアラーム音を
東電が計器の誤作動と勝手に判断して
作業を続けたことが原因とのことである

何のための対策だったのか?
明らかに人為的なミスである
関係者は己の愚かさを
少しは性根に入れるべきだ

しかしながら一方で
タンクの弁のうち一つは閉まっていたため
何らかの故障が同時に起こったと東電は説明した

さらに翌日になって
汚染水貯蔵タンクにつながる三つの弁のうち
「閉まっていた」とされていた一つの弁が
一時的に開いていたと訂正した

弁の故障ではなく
明らかにこの漏えい事件を隠ぺいすべく
弁の開閉を偽装した人物が存在することになる

一体いつまでこのような事態が続くのか
このような無責任な東電に任せることが果たして正しいのか


いつまでたっても一向に前進しない廃炉
行き当たりばったりの手遅れ対策ばかり続ける一方で
新たな原発再稼働などと平気で口にする輩に対し
コントロールできないなら
「原発を稼働するな」と大声で言いたい

福島の処理にはなぜか多額の我々の血税も投入されている

電力不足 電力不足と煽り立てる一方で
原発が止まっている今でも
電力不足にはなっていないではないか

安倍さんの好きな「先に結論ありき」で
事が進んでいるような気がしてならない


放射能による恐怖や被害が
節電で賄えるなら
cozyはいくらでも協力する

STAP細胞

新たな万能細胞の作成手法がネイチャー誌で一月末に発表された
STAP細胞作製は理研とハーバード大学の共同研究による成果

特殊な細胞を使うのではなく 
体細胞に刺激を与えて作る世界初の手法

iPS細胞やES細胞とは異なり
安全性や倫理上の問題も少ないとされている




これで一躍有名になったのが理研の小保方晴子さん

小保方さん
(画像はいずれもネットから拝借)

おばあちゃんのかっぽう着を身につけて
研究する若者だから余計に目を引いた

今はまだマウスでの研究結果が出されただけであるが
人への応用ができれば再生医療に大きな進展が期待される

ハーバード大はサルのSTAP細胞作製に成功しており
脊椎損傷のサルへの移植やヒツジでの試験も行っているという

さらに今月初めにはハーバード大が
ヒト由来のSTAP細胞の可能性がある画像を公表し
臨床応用への期待が大きく膨らんだ

と ここまでは素晴らしいと思っていたが
その論文データに不自然な点があると
外部から指摘を受け
理研とハーバード大で
論文の確認が始まったと報道された

夢のような素晴らしい技術であるので
ねつ造だとは思いたくはないが
手柄を急ぐあまり
真実探究の道を踏み外さないよう
着実に歩んでほしい

奇跡のリンゴ

この「奇跡のリンゴ」というのを耳にしたことがある方も
多いのではないかと思われる
cozyもぼんやりとながら何かで聴いたことがあるが
その時はあまり興味を持ったわけではなかった

先日図書館で借用する本を探していてふと目にした一冊があった

「奇跡のリンゴ」ではなかったが 
まさに無農薬無肥料でリンゴを実らせた本人
木村秋則さんがお書きになった
「リンゴが教えてくれたこと」である

リンゴCIMG2203


リンゴは古来から農薬で作ると言っても過言ではないと
木村さんはおっしゃっている

家族が農薬散布で健康を害したことに端を発し
無農薬,無肥料の自然栽培を目指して独自の研究を重ねる

他人から狂人扱いされるほど失敗を繰り返し
10年にもわたり無収入となって
一時は自殺を考え深い山に立ち入るが
そこで木々が元気に育っていることにヒントを得て
ついに生命力あふれるリンゴを実らせたのである

木村さんは常識にとらわれず
全ての事象を科学で捉え実証していくので
納得して理解することができた

その生きざまを感動と尊敬の念なしに
この本は読み終えることができなかった

この本のまえがきに書かれている一文を紹介しよう

「みなさんの体にリンゴ一つ,お米一粒実らすことができますか.人間はどんなに頑張っても,リンゴの花一つ咲かせられません.(中略) 主人公は人間ではなくてリンゴの木やイネです.人間はそのお手伝いをしているだけなのです.当時,私は自分がリンゴを作っていると思い上がっていました.失敗に失敗を重ね,この栽培をやって知ったことは,私ができるのはリンゴが育ちやすいような環境のお手伝いをすることぐらいということでした.(中略) 人間はもっと謙虚であるべきだと思います.」

木村さんについてもっともっと知りたくなった

バレンタインデー

バレンタインデーは過去の記憶

と思っていたが
昨日思いがけず下の娘から
プレゼントが届いた

ばCIMG2207

灘の酒 五つの酒蔵の組合せ

またしばらく楽しめそう
ああ今夜も幸せ

下の娘よ ありがとう
Jおじちゃんからも嬉しそうなメールがあったよ

マスキング手法

春に行われる公募展の応募作品の細工を始めた

形状の全体は見せられないが 一部はこんな感じ
これにマスキング手法で細工をする予定

オブジェ#2CIMG2206

でもこんな形なので 従来用いてきた等分割法が適用できない

そこでいろいろと考えてきたが
やっといい方法にたどり着いた

マスキングCIMG2201

思いつくまでは色々と悩んだが
アイデアが浮かぶと意外に単純なことだった

一旦紙にデザインを書いておいて
それを素焼き表面に転写する方法だ

適用範囲がかなり広がるような気がする

やり始めるとそれなりの問題は出てくると思うが
少し先にほのかな光が見え始めた

さあ頑張るぞ!!!

天使のスリッパとタラ

東京旅行をしていた時は気温が18度をこえる日もあり
暑いほどだったが
このところとても寒い日が続いている

そんな気候の中
今年も天使のスリッパが開花した

この鉢は二株植わっているので
二対四輪がそろった

一輪目が一月末に開花し
その後若干遅れ気味だったが
二週間かけて今日やっと四輪目が開いてくれた
この画像で一番大きいのが四輪目の花



↓ これは一輪目の花
すでに十分花弁が広がり
ウツボカズラのよう



天使のスリッパが開くと
次第に春が近づいてくる


春に合わせて
今年もタラの水栽培を開始した
今はできるだけ暖かいところで
ポリ袋を被せ 芽が出てくるのを待っている

タラ0日CIMG2194

新大久保にて

東京旅行最終日はホテルをゆっくり目に出て
新大久保のコリアタウンに向かった

新大久保CIMG2171

月曜日の午前中だったので人出は意外に少なかった

早速お店に行って韓国食材や土産を買い求めた
各種キムチの試食もしてみた
次々と目の前で作られるキムパもとてもおいしそうだった

色々とお店をハシゴしているうちに
お昼前になりおなかもすいてきたので
食事することにした

辛いのは得意というわけではないが
韓国料理は大好きだ

ソウルに行って本物を食べてから
はまってしまっている

新大久保CIMG2172

これは豚肉の辛味噌炒め
ビールが進む味だった

たくさんの料理を注文したが
うまいのでついつい食べることに夢中で
最後の方になって 
ブログネタの撮影を忘れていたことに気付いた
だから写真は一枚だけ

帰りの便の時間が迫って来たので
後ろ髪を引かれる思いで
新大久保を離れ羽田に向かった

かくして三日間の小旅行は幕を閉じた

この旅行では陶芸展を通し色々と勉強になる点があったが
得たもので一番のものは なんと 


ありがたくもない 体重だった 

伝統工芸展60回記念展

上野の国立博物館の展示観覧に引き続き
竹橋の国立近代美術館で開催されている
日本伝統工芸展60回記念の
「工芸からKOGEIへ」展を見に向かった

近美CIMG2157
国立近代美術館工芸館

こちらでは日本伝統工芸展に出品された七部門の
現代作家100名ほどの受賞作品や入賞作品が展示されていた
このうち陶芸家は1/5に当たる19名の出品だった

近美CIMG2193
記念展の図録

近美CIMG2191
室伏英治さんの「Sparkle」(図録から)

陶芸において新感覚の胎土による作品で
練り上げによる透光という新しいジャンルを切り開いた

伊藤赤水さんは佐渡の岩石を用い
従来の繊細な練り上げとは全く異なる
ダイナミックな作品も印象的だった

もう一か所見て回る予定だったが
二つの展示を見ると時間切れとなりあきらめた


夜は再び娘と合流し
高円寺の沖縄料理店「抱瓶」に向かった

久々の沖縄料理と泡盛を満喫した

抱瓶CIMG2159
ナーベラーチャンプルー

抱瓶CIMG2162
与那国の泡盛「どなん」 シークァーサーとともに

抱瓶CIMG2166
ラフテー

このほかにも紹介できないほどの料理を堪能した

ああ 今夜もしあわせ 

人間国宝展

上の娘に用があって相方と上京したついでに
陶芸展などを見てくることにした

調べてみるとさすが東京は
様々な展示会が開催されている

このうちまず東京国立博物館で開催されている
伝統工芸展60周年記念の人間国宝展を見ることにした

人間国宝展CIMG2189

朝一で会場に向かったが
会館時刻を間違えて入館できず
しばらく門の外に並んで待った

人間国宝展CIMG2152

伝統工芸展の作品を見るようになってから10年ほど経ったが
荒川豊三さんや金重陶陽さんのような昭和20年代の作品や
奈良時代の奈良三彩壺も間近に見ることができた
150点ほどの展示だった

力強さ 繊細さ そして優美な作品ばかりで
圧倒されるばかりだった


無料で併設展示されている
人間国宝の現在(-いま)の作品も見た

人間国宝展CIMG2155

ヒントになりそうな漆芸作品を撮影させてもらった

人間国宝展だけで予想外に時間を費やしてしまった


この後も美術館巡りをする予定だったが
その後については後日アップ

増税

受講しているカルチャー教室の4月以降の優先受付けがあり
申し込もうとしたら
2月の支払いであるにもかかわらず
消費税が8%となると記載されていたので
不可解に思い事務局に問い合わせた

すると国税庁の指導に基づき
8%の消費税を徴収するとのことだった

納得がいかないので 国税庁が出している
「平成26年4月1日以後に行われる資産の譲渡等に適用される
消費税率等に関する経過措置の取り扱いQ&A」を調べてみた

3/31までに購入した劇場チケットや交通切符・定期券などは経過措置の対象となって
4/1以降に使用される場合でも5%が適用されると書かれているが
受講料には適用されるかどうかはわからなかった

いずれにしても消費税のことを
「事業者が行う資産の譲渡等並びに施行日以後に国内において事業者が行う
課税仕入れ及び保税地域から引き取られる課税貨物に係る消費税」
などと法律用語で記載されておりよく理解ができない

確かに経過措置の対象とは記載されていないので
適用されないのかもしれないが
いずれにしても,3/31までに支払った金に対して
4/1以降の消費税がかかるというのは納得できるものではない

8c04eef5[1]


ちなみに労働者の賃金と消費者物価の影響を指標にした
実質賃金なるものが公表されているが
昨年の下半期は一昨年同期と比べて
1%以上下落したと考えられている

賃金は伸びていないのに
円安になって原油高や物価が上昇したからだ
さらに4月からの消費税増税が重なると負担はますます大きくなる

今年1月からはわずかばかりの預金利息に対しても10%の増税となった
年金生活者にとっては支給額がどんどん目減りしているようなものだ

我々からだまし取るように集めた税金全額を
約束通り社会保障に充ててくれるんでしょうね 安倍さん!
どうか「安倍のリスク」になりませんように...

2012052301_01_1b[1]
(画像はいずれもネットから拝借)
プロフィール

pottery cozy

Author:pottery cozy
FC2ブログへようこそ!

陶工房/宏磁窯の他愛ない出来事を綴ります

ニックネーム:pottery cozy
都道府県:徳島県
性別:男性
血液型:AB
その他:1951年生まれ,射手座

カレンダー(月別)
01 ≪│2014/02│≫ 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR