第68回徳島県美術展

今日は徳島県美術展の審査日だった

締切ギリギリの昼前に出品登録して
いつものように験担ぎの
THE AWA SURF RIDERでランチ

ASRにてCIMG1865

おいしい料理がサーブされ
当然2杯のプレモルとともに
相方と食事を楽しんだ

ここで食事をして2杯の生プレモルを飲むと
80%の確率で受賞しており
極めて験がいい

食事を終えて審査会場に出向くと
ちょうど審査が始まったところだった

お馴染みの出品者にあいさつを交わし
審査を見守った

県展審査CIMG1868
東京芸大教授の豊福先生が今回の審査をしてくださった

美術工芸部門は170点ほどの出品だった
いつになくじっくり時間をかけて
慎重に審査が行われ
賞候補16点が選出された

その中に波の緒Ⅶが残った

県展賞候補審査CIMG1875

続いて賞候補の作品が一室に集められ
受賞9作品の選出に移った

cozyの作品に先生の眼はほとんど向けられず
大部分の時間が他の作品に注がれた

ああ 今回はだめかなと思ったその時
赤い文字のタグがcozyの作品の前に置かれた

受賞だ!!

その時点では
何の賞をいただけたのかは
わからなかったが
審査結果発表で
第一席特別賞はプロ陶芸家
第二席特選はプロのガラス作家
cozyは準特選(第三席)だと分かった

波の緒ⅦCIMG1822

波の緒Ⅶをご覧ください
クリックすると大きな画像になります

それにしてもTHE AWA SURF RIDERとの組み合わせの確率はすごい
県展は今回で3回目の受賞
放美展と合わせて5/6の確率の受賞歴になった
THE AWA SURF RIDERさん ありがとう
スポンサーサイト

人間ドック

会社を辞めて一年目
今年も健康保険組合の権利を行使して
人間ドックに行ってきた

今年は手術も経験したが
ドックで検査するような項目に不具合はないので
問題がないことの確認の意味のドック入り

今日すぐに結果が出た項目では
大きな問題となることはなかったので
ひとまず安心



ところで話題は変わって...

ゆるキャラグランプリ2013のお話

今開催中のこの催しに
徳島からのゆるキャラがいくつかエントリーしている

なかでも もう25年も前に誕生したすだちくん
徳島の名産品スダチのゆるキャラ

すだちくん
ゆるキャラグランプリ2013より画像拝借

もう20年にもなるが
cozyが地域の児童館の役員をしているとき
子供たちを喜ばせるために
この被り物を着けて運動会に出場したことがある

それ以降 被り物があると
その役に必ずcozyが指名されるようになった
そんないわくつきのすだちくんである

ゆるキャラグランプリには
メールアドレスを登録しておけば
毎日1票を投じる権利がある

毎日のようにすだちくんに投票している

投票を始めてからは17位から23位を行ったり来たり

徳島のその他のキャラは総崩れしているので
頑張ってほしいと応援している

お時間の許す方は一度ご覧あれ

垂線出し

ある治具を作ってみた
さてこれは何でしょう

自作治具CIMG1848

正解は レーザー光を点から線に変換する道具

波の緒シリーズをデザインするうえで
欠かせないのが 垂線出し

はじめは直角三角形の定規を二つ組み合わせて垂線を書いていた

筒形のように器壁がまっすぐ上に伸びるものは
それを使えば十分だった

でも球形やラッパ口型の場合は三角定規では垂線が引けない

レーザー水準器が使えそうだと思いつき
ネット経由で購入したが
それはスポットビームしか照射できない代物だった

自作レーザー3

そこで タコ糸と釣用オモリを用いた下げ振りを作り
レーザー光と組み合わせて上部と下部にビーム照射し
自作レーザー5
自作レーザー6
タコ糸の影を器壁に投影することで
垂線を引くことを思いついて
最新の波の緒作品まで用いてきた


ところがネットで情報検索していると
スポットビームを簡単にラインビームに
変換できることが分かった

そこで用いるのがガラス棒

レーザービームの発射位置にガラス棒の真ん中が当たるよう
試しにつくってみた治具が最初の画像

自作レーザー1CIMG1849

この二つを組み合わせるとこうなる

自作レーザー2

そしてスイッチを入れると
見事に垂線が描き出されることが分かった

自作レーザー7

今後 波の緒シリーズをデザインするうえで
大変頼りになる道具を手にすることができ
その出来にとても満足している


ところで友人が最近レーザー水準器を購入したと聞き
さっそく使用感を試させてもらった

市販レーザー3

いとも簡便に垂直ライン 水平ライン
さらにその組み合わせのクロスライン
本体を傾けることで様々なラインを導き出せる

本体内部に傾きを感知するセンサーが内蔵されていて
本体を傾いたところに設置しても
水平ライン 垂直ラインが引けて 
実質上誤差はほとんどない優れものだ

市販レーザー4

こんな便利なものを使用する前に
自作のレーザー水準器を作ってしまったので
自作のものにはとても愛着がわく

墓参り&柚子

先日の台風18号の朝
お墓を掃除してきた

今日は改めてお墓参りツアー

相方の両親のお墓
第一子を祀るお墓
父親のお墓

この三つを参ってきた

我が家では墓参りツアーと称している
子どもたちが帰省していると
子どもたちも必ず同行する

今日は相方と二人のツアーだった

相方の両親のお墓を参ったときは
まだ暗くて写真を撮らなかった

竹林院
これは徳島市・眉山麓にある第一子を祀るお墓

浦の池
そしてさらに1時間ほど走って父のお墓に着いたのは7時

このお墓の後ろには
昔飼っていた犬のタクちゃんのお墓もある

そのあたりに大きな柚子の木が大きく育っている
両親が収穫することを期待して
植えた木だ

青い柚子の実をいくつか採ってきた

柚子2013

こんなにおいしそうな緑々した柚子

柚子の皮をおろし
青唐辛子ジャムを混ぜて
こんな柚子胡椒を作った

柚子胡椒2013

友人のTさんから頂いた青唐辛子を細かくしたものに
塩と食酢各10%加えて
それに適量の柚子皮(すりおろしたもの)と
柚子酢を加えて混ぜるだけ

食酢は腐敗防止のため

冷凍して少しずつ取り出して使う
とてもうまい

柚子の香りがたつようになったので
この時期に作るのが一番おいしい

今でも柚子をおろした指から柚子の香りが漂ってくる

野鳩

台風が通り過ぎた後の庭木に
足しげく通う鳥がいた

くちばしで枝を運んでいるようだった

丁度 トイレの窓から見えるところに
昨日から野鳩が巣作りを始めたようだ

一日たって 窓からそっと覗いてみると
不完全な巣の上で もう抱卵が始まっている

2013野鳩CIMG1835

写真ではわかりにくいが
ほぼ中央の暗いところに巣がある

野鳩は毎年のようにやってきて
下手な巣を作る
玄関先の手が届くところにも作ったことがある

もう十年以上も前だったろうか
違う庭木に巣を作り
台風で巣が落ちたことがある
すでに卵からかえった子供がいた

cozyは巣を作ることができないので
麦藁帽の庇を取り除いて
巣の代わりにして子供を戻し
元の位置に戻したことがある

その後どうなったかはわからないが
しばらくすると子供もいなくなった

2013野鳩CIMG1834

今日はつがいのオスもやって来た
この画像のオスの頭の位置奥くらいに
巣があってメスが抱卵している

子育てがとっても下手な野鳩だが
無事育ってほしいと願いながら
このブログを書いている

秋の訪れ

皆様台風18号の被害はありませんでしたでしょうか

と言いましても
今まさに直撃の地域もあるやもしれません

cozyの住む徳島は夜のうちに南海上を通り過ぎて
プランタが倒れたくらいで大した被害はなく安堵しているところです


今週はいよいよ彼岸の入り

暑さ寒さも彼岸までと言いますが
次第に秋が深まっていくのでしょう

彼岸を迎えると 稲刈りを終えた田んぼのあちこちで
燃えるように赤い彼岸花が開いています

ヒガンバナ

徳島ではあまり目にすることはないのですが
シロバナやキバナもあります

sirohiga_2[1]

キバナ
画像はいずれもネットより拝借

学生時代はこのヒガンバナ科植物の成分に関する研究をしていました

彼岸花の花言葉は
「想うはあなた一人」
「また会う日を楽しみに」
などが知られており
ロマンあふれるものです

きっとその赤い色に由来しているのだと思われます

彼岸花は秋の訪れをそっと教えてくれます

北海道旅行(3)

旅行3日目
登別温泉の朝は昨日の大雨が上がり
曇り空だった

相方と食事前の散歩に出て
地獄谷周辺を散策してきた

地獄谷CIMG1759

登別は「陶芸ブログののんきさん」の地元だが
残念ながら到着も遅かったし
出発も早かったので お目にかかることも叶わなかった

登別マリンパークも近くにあるはずだったのに...


小雨の中まず向かったのは昭和新山

有珠山ロープウェーで登ると
頂上から昭和新山や洞爺湖など
こんな眺望が眼下に広がるはずだったが
覚悟の上とはいえ 雨に曇って何も見えなかった


(ネットよりの拝借画像)


続いて 大沼へ

大沼は40年以上も前の学生の時に
湖畔でキャンプを張った懐かしいところである

大沼CIMG1771

台風17号に刺激された前線のために
雨が激しかった
記憶を辿ってみたものの
どこでキャンプしたのかもわからなかった

多分土産物屋もなかったし
もっと人通りの少ないところだったのだろう


次は噴火湾沿いにバスが進み
函館・五稜郭へ

函館山CIMG1773
五稜郭タワーから見た函館山

暗くなってから逆に函館山からタワー方面を見る予定
天気が心配だった

函館夜景CIMG1791
夕食を終えてから上った函館山からの市内の夜景

一瞬 山にかかったガスが切れて
街灯りがえも言われぬムードを醸し出してくれた

函館夜景
天気が良ければこんな夜景が見られただろう
(ネットよりの拝借画像)


明けて翌日は4日目
いよいよ午後には帰路につかねばならない
台風17号の進路がにわかに心配になって来た

でも 朝からは晴天

まずは函館朝市
生ものの土産はここで調達し宅配してもらった

朝市に併設されているイカ釣堀

朝市CIMG1796

土産を買っていたら釣堀に気が付くのが遅くなって
時間がなくなり 釣りたてのイカ刺身を
味わうことができなかったのが心残りだった


そしてその4時間後
台風による影響を考え
急遽予定の便を早めに変更して
機上の人となった

もちろん上空はこんな天気

機上CIMG1797

徳島に帰ってくると すでに台風は過ぎ去り
曇り空だった

ニュースなどで 徳島は100mmを超える豪雨で
いたるところで車が水に浸かり立ち往生したことを見聞きしたが
全く台風とは無縁の私たち二人だった

北海道旅行(2)

二日目は大移動
定山渓から旭山動物園を経て登別
500km近い行程

まずは旭山動物園
出発から4時間かけて到着した

生まれて初めて目にした動物たち

カピバラDSC_0005
カピバラ
可愛いのでぬいぐるみの人形などを買ってきた

ユキヒョウDSC_0041
ユキヒョウ
とても鋭い目だった

レッサーDSC_0061
レッサーパンダは思いのほか可愛かった

オジロワシDSC_0078
オジロワシは風格が見事で
見ごたえがあった

アカゲラDSC_0080
アカゲラ 文句なしにかわいかった

アザラシがチューブを動き回る展示が
とても斬新だった でも
アザラシを見ているお子さんにむしろ興味をひかれた

アザラシCIMG1729

楽しい動物園の展示に後ろ髪をひかれながら
次の訪問地に向かった


次は富良野の富田ファーム
色とりどりの花が心を癒してくれた



ラベンダーの時期は過ぎていたが
ブルーサルビアが優雅さを見せてくれた


かくして500kmに及ぶ旅程が登別温泉で終結を迎えた
登別は大雨だった


みさきちゃんとはなちゃんの陶芸教室

夏休みに自由研究で
陶器貯金箱を作ったみさきちゃんが
お友達のはなちゃんと
作品つくりにやってきてくれました

前回来た時に気になっていた梅花皿を
やる気満々で作りはじめました

タタラに伸ばした土を
型に乗せていきます

作業中CIMG1805

集中して作業しています

ともくんはいつものように
ジュースがお相手

お菓子に夢中CIMG1809

二時間ほど奮闘して
ふたりとも可愛いお皿が出来上がりました

完成記念CIMG1815

作品を持って ともくんも一緒に記念撮影

作品CIMG1817

こんなに見事な梅花皿

歪まないようにゆっくり乾燥させて
素焼きしておきますね
次回はこれに絵付けと施釉です

楽しみにしばらくお待ちください

東京開催決定おめでとう!!

今朝早朝2020年のオリンピックが
東京で開催されることが決まった

心よりおめでとうと言いたい

あと7年たつと68歳
まだ現役で陶芸しているだろうと思う

無題

前回の東京オリンピックは中学1年生だった
開会式の入場行進は今でも記憶にはっきり残っている

素晴らしいドラマが繰り広げられことを心待ちにしている

丸壺成作

陶芸仲間のU屋さんが
工房にお越しになった

先日来 丸壺を成形しておられたが
アドバイスをほしいとおっしゃり
宏磁窯にいらして作業をなさった

きれいに積み上げられた丸壺なので
ほとんど口出しをするところはなかったが
口縁付近のまとめ方を
少しだけお話しさせていただいた

少しの成形と削りの作業の結果 
こんなにきれいな丸壺が
見事に出来上がった

浦屋さんCIMG1799

今後は所属グループの窯で素焼きをして
これに野の草花の下絵付けをされると
うかがっている

cozyは絵付けが苦手なので
うらやましい限りである

きっと素晴らしい作品に
仕上がるだろうと期待している

できあがったらぜひ見せてください U屋さん

北海道旅行(1)

最高気温35度の日が続いていたが
9月の声を聴くとすっかり暑さが遠のいた

当ブログをご覧の皆様
台風17号の被害はありませんでしたでしょうか

cozyは4日ほど徳島を離れ
相方と北海道に行ってきました
なので 直接台風に遭遇することはありませんでした


9月1日 徳島阿波踊り空港を早朝に発ち
羽田での乗り換えがなんと2時間待ち
やっとのことで札幌便に乗り込みました

羽田CIMG1710


13時に新千歳に到着し
遅めの昼食をとりました
ホッケの干物の焼魚定食

昼食CIMG1711


14時前に他ルートのツアー客と合流し
バスで一路小樽へ向かい 街を散策しました

小樽運河CIMG1716

これだけだと芸術に携わる者として
何の面白みもないので...

いつも何かを探しています
参考になるものはないかと

鈴懸CIMG1719

これはちょっと気になったデザイン

プラタナスの幹に面白い模様が浮かび上がっていました
何かに使えそうに思い カメラに収めました
色の組み合わせが楽しそう

それと陶芸がらみでもう一つ
北一硝子でガラスペンに出会いました
これで下絵を描いてみるとどうだろうと
思いついて購入してみました
今後の下絵書きが楽しみです

小樽を後にして
定山渓のホテルに向かいましたが
途中でとても面白い看板に出会いました



ガソリンの値段が銭の単位まで記載されています

ところ変われば品変わるとは言いますが
このような表示は北海道では当たり前なのでしょうか

呑気さん教えてください
プロフィール

pottery cozy

Author:pottery cozy
FC2ブログへようこそ!

陶工房/宏磁窯の他愛ない出来事を綴ります

ニックネーム:pottery cozy
都道府県:徳島県
性別:男性
血液型:AB
その他:1951年生まれ,射手座

カレンダー(月別)
08 ≪│2013/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR