第21回放美展審査

今日は放美展の審査日だった

3日前に窯から出た「波の緒Ⅵ」と
ハワイ島で拾った珊瑚のオブジェ
「輪廻転生」を搬入し審査に臨んだ

搬入後はゲンを担いでいつものように
アワ・サーフライダーで昼食
ここで昼食をとると入賞の確率がグンと高まる

もちろん二杯のプレモルも


前菜は生ハムのサラダとスープ
プレモル添え


次はズッキーニのスープスパゲッティ


メインのポークソテー マスタードソース


そしてデザートはレアチーズタルト コーヒーとともに

十分食事を楽しんで審査会場に向かった

13時に審査が始まった


ちょうどcozyの作品の前で審査の場面

「波の緒Ⅵ」は早々に合格のタグ
その後審査は続き「輪廻転生」にも合格のタグ

「波の緒Ⅵ」は賞候補に残り一カ所に集められた

続いて賞候補の中から放美賞と優秀賞を審査

cozyは賞候補に残ったことでホッと安堵した

間もなくcozyの作品が放美賞だという声が聞こえてきた
まさかと自分の耳を疑った

確かにきれいな作品だったが
審査会場に並べられた作品の中で
一等賞をもらえるとは考えていなかった

夢のような出来事が現実になり
新聞社と放送社のインタビューを受けるころには
すっかり自分を取り戻していた
 


これは入選の「輪廻転生」

一度 生を終えた珊瑚がcozyの手で
もう一度新たな生命を得たという
意図の作品


そしてこれが放美賞をいただいた「波の緒Ⅵ」
(クリックすると大きく表示されます)

波の緒シリーズの第六番目

波の緒シリーズは5作品を放美展や徳島県展に出品し
なんと4作品が受賞したことになる

5月2日から6日まで
あわぎんホールで展示される

お時間の許す方はぜひご覧ください
スポンサーサイト

春の褒章

今朝 朝刊を広げたら
素晴らしい記事が目に飛び込んできた


徳島新聞記事

社会奉仕活動の功績により
緑綬褒章を受章された
兼松島子さん

この方はcozyがこの世に生を受けたときに
取り上げてくださったお産婆さん

30年以上にわたり
さまざまなボランティア活動をしたことが
評価されたと書かれている

生まれた当時の記憶はもちろんないが
今もなおお元気そうである

心からお祝いを申し上げたい

眼に青葉

この時期 土佐にうまいものがあると聞かされていたが
その恩恵にあずかることは少なかった

相方と思い立って
初ガツオの塩タタキとドロメを食べに
高知に行ってきた

まずは老舗ので昼食



カツオタタキ 塩タタキ ウツボタタキ
ドロメ クジラカツ カツオコロッケなど
いっぱい入った定食を食べることにした

ドロメとは生シラスのヌタ

カツオとウツボタタキはうまかったが
予想に反して
塩タタキ ドロメはもう一つだった



ネット情報で得たクーポンを持っていったら
10%の割引があって
↑ こんな土佐偉人のコースターセットをいただいた

お腹いっぱいになったので
ひろめ市場まで歩いて散策

去年中学の同窓会旅行で訪れてから10月ぶり

ひろめ市場にあるタタキで有名な明神丸で
豪快に藁焼きされるカツオを見ていると
食べたくなって土産に買って帰ってきた



夜も塩タタキだったが
明神丸の塩タタキはとてもうまくて
求めている味だった

とくしまマラソン2013

今日はとくしまマラソンの応援に出掛けた
12km時点で応援した



第一グループ
結局この最後を走っている
1000番の選手が優勝した
熊本県からの招待選手らしい

風は若干強かったが
今朝まで降った雨のおかげで
今日は気温が低めで
ランナーには走りやすかったと思われる

応援にはちょっと寒かった
去年の悪天候と比べればはるかに良かったが...

今年も鯉のぼりを立てて応援した



これは第二グループ



そしてそれから30分もすると
こんな風にランナーがつながって
誰が誰だか全く分からなくなった

応援にハイタッチを求めてくる方もおられ
楽しいひと時だった

日ごろの練習成果を発揮して
納得のいく結果を得られた方々は
ゴールに入るCATVの映像で
たっぷり見せてもらった

残念な結果だった方も
また努力して来年がんばってほしい

cozyは来年も応援するから

徳島の陶芸展2013

毎年ゴールデンウィークを前に
県内の著名な先生方による陶芸展が
はな・はる・フェスタの行事のひとつとして行われる

今年は「徳島の陶芸展2013」
24名の方々が出品されている

いろいろなことが勉強になるし
これだけの方の作品を
一度に見られる機会はこのときだけである



オープンに合わせ早速足を運んだ
会場の撮影は禁止されているので看板だけ

でも 徳島新聞に催しの作品の一部が
掲載されたのでちょっと拝借



これは改名された「茶碗や雄介」先生の作品
長石釉がかいらぎとなって素晴らしかった


ところで明後日はとくしまマラソン

天気は問題なさそうだし
気温もやや低めなので
思う存分日ごろの成果を発揮して
がんばってください

cozyは12km地点で応援してまぁ~す!!!

これは何?

さてこれは何でしょう

実は今制作中の放美展用作品と関係あり



実は今回応募する波の緒シリーズのデザイン用の型紙

細かく等分割したラインに沿って
これを用いてデザインパターンを作ります

さてどういうデザインが出来上がるでしょうか


昨年のこの時期は腰痛で動けなくなったのに加え
応募用の作品が本焼きでヒビが出てしまい
断念するという悔しい思いをしました

今年は4月29日が審査日ですので
それまでに割れずに焼きあがることを
祈るばかりです

しばらくはこのデザイン作業が続きます

先日から検討していた新しい彩色技法は
今回は見送ることにしました

英語の発音:バラカン先生の指摘

面白い本を娘から紹介された

日本人がいかに英語の発音を
文字に頼っているかを指摘した
ピーター・バラカンさんの本

以前にcozyが指摘した
「〇〇賞」という意味の
「award」の発音もおかしいと
書かれている
ワードではなくアウォード)

我が意を得たり!!!



cozyはかなり正しい発音をしていたと
自分自身では思っていた

でもカタカナで発音を表記されると
あまりにも違っていたことが分かった

目からうろこというのは
正にこのことである

100ページ余りの手軽に読める本なので
興味のある方はぜひ読んでいただきたい

視点が変わって勉強になると思うけど...

引き続き体験陶芸

今日はお二人の体験陶芸

残念ながら作陶時の写真を
アップする許可をいただけなかったので
作品だけ


これはCさんのお茶碗とぐい飲み
端正な形に出来上がった


これはIさんのどんぶりとぐい飲み
あえて手ビネリの痕を残し
口縁も趣がある

素焼きが出来上がるまで
しばらくお待ちください

次回は絵付けと釉掛けをお願いします
楽しい器が出来上がりますよ

体験陶芸

とってもかわいいお客様が工房に来てくださった
のぼりんさんご家族
お姉ちゃんはみさきちゃん
弟君はともくん



みさきちゃんはとても集中力があって
一生懸命 うさぎの人形を作りました



のぼりんさんは
ともくんの手形入りお皿を
共同制作



でも ともくんはお菓子に夢中でした


cozyにとっては久々に
とても楽しい時間でした

絵付けを楽しみにお待ちください

またもや

先日福島第一原発の汚染水保管設備が
将来問題になると指摘したばかりだが
予想よりも早く問題が発生した



東京電力が原発敷地内にある貯水槽に保管している
汚染水が漏出したと発表した

1立方センチ当たり約6000ベクレルを検出したという
この汚染水はセシウムを除去した後のものだから
東電は「人体など環境への影響は小さい」という

さらに東電は汚染水の保管が限界に近づいているとして
処理後に海洋投棄も検討している

こんなことが許されるとは思えない

もし「人体など環境への影響は小さい」と言うのであれば
かつてBSEが発生したときに
当時の馬鹿農林水産大臣がにこにこしながら
牛肉を口にしたパフォーマンスと同じことを
東電の責任者がぜひとも笑いながら
汚染水をコップでいっぱい掬い
国民の前で飲んでほしいものだ

放射能のために地元に帰ることができない人たちを
余りにも馬鹿にした発言ではないのか

さらにネズミ対策作業でまたもや
使用済み燃料プールの冷却装置が
数時間にわたり停電したと報道されている

東電や政府はは本当に想定外の想定ができているのだろうか



あなた方がいい加減な対応をすれば
間違いなく日本は滅びます

本当に理解できているのでしょうか


テストピース

以前 作品つくりの前に
そのイメージを具体化するために
マケットを作ることがあると紹介した

今回 放美展の作品つくりの前に
今までやらなかった手法を試したくなって
そのマケットをテストピースとして用いて検討した

20130316マケット化粧

↑ これが素焼きしないでそのまま化粧土と
オリジナル釉薬をかけたもの(焼成前)

20130402マケット焼成

↑ そしてこれが焼成後

期待していたマットとは程遠く
この組み合わせの採用は見送ることにした

今は釉薬ではなく色化粧土で検討中

うまくいってくれると
作品の幅が広がるのだが...


定窯の白磁

ガレージセールで買ったわずか3ドルの茶碗が
米オークションで223万ドルの値がついたというから驚いた
日本円で約2億1000万円


画像はAFPBB Newsから


その茶碗は北宋時代のもので
有名な定窯のものだと判明した

定窯の名声は知ってはいたが
その詳細は知らなかった

以下ネット記事より拝借

「定窯は現在の河北省曲陽県に築かれた窯で
周辺からは白磁に適した白土がとれた

今日のような純白の発色が可能になったのは
窯で燃やす薪が石炭に変わり
高温で短時間に焼き上げる技法が完成したからであった
文様は型を用いる印花文(いんかもん)
ヘラ彫りによる刻花文(こっかもん)
浅く片切彫する劃花文(かっかもん)など
種々様々だがいずれも軽快で淡い気品を醸し出している

注目すべきはその薄さであろう

精選された生地で最も薄くできる鉢や椀に限定し
なるべく変形しないよう逆さに伏せて焼いた
その際接地する縁の部分が無釉となるため
銀や銅で覆った
これを覆輪(ふくりん)という」


残念ながらcozyにはまだこれを見抜くだけの眼はないし
骨董品にそれほど興味を抱いたことはない

もしそのガレージセールに居合わせたとしても
きっと1ドルでも手を出さないだろうと思った

初ワラビ

今日から早くも4月
桜や桃が咲き乱れ
春本番となった

そこで待ちに待ったワラビ採り

この冬は冷え込んだので
顔を出すのが遅いだろうとの予測で
あまり期待はしていなかった



でも目をこらして
いつもの場所をよ~く調べてみると...

今年の初ワラビ みぃ~つけた!

うれしくて初ワラビを撮影

この後 山の中を這いまわって
予想以上の収穫


今日の最大は45cmもの大物
(金尺の長さは50cm)

予想以上にワラビの育ちはよさそうだ
しばらくは山通いが続くなぁ
プロフィール

pottery cozy

Author:pottery cozy
FC2ブログへようこそ!

陶工房/宏磁窯の他愛ない出来事を綴ります

ニックネーム:pottery cozy
都道府県:徳島県
性別:男性
血液型:AB
その他:1951年生まれ,射手座

カレンダー(月別)
03 ≪│2013/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR