楽しい来房者

昨日はとても天気が良かった
が腰痛は一向に改善の兆しがなかった

動けなくなって5日目
少々 落ち込んでいた

でも この時期にタイミングよく
とても楽しい人が工房を訪ねてくれた

M和ちゃん 笑顔がかわいい 

本来なら 陶芸を体験していただくはずだが
cozyの腰痛が芳しくなく
作業することはできなかった

で しばし陶芸やデザイン談義

楽しい時間があっという間に過ぎた
こういう若い方が来房されるのは極めて珍しい

帰り間際に写真を撮らせてもらった


波の緒ⅣをバックにM和ちゃん



波の緒Ⅳは 今日の放美展審査を受ける予定で
製作をすすめてきた
が 最後になってキズが現れ
残念ながら 出品をあきらめた

だから今日ご覧の皆さんに
全貌をお見せする

製作途中は手ごたえを感じていたので
非常に残念だった


波の緒Ⅳ


放美展はちょうど今 審査の最中だと思われる
もう一つの作品がどのような評価を受けるのか
気になるところだ
スポンサーサイト

腰痛

火曜日の朝 ふとしたことで 腰をひねり
全く動けなくなっていた

一昨日 3日目にしてやっと杖を頼りに動けるようになり
痛い身体をおして 整形外科を受診した

ぎっくり腰との診察だった



で これが処方してもらった薬

今日で5日目だが まだ杖がないと歩けない
当然 陶芸には全く手が出せない

明日は放美展の審査日
自分では作品を持ち込むことができないので
友人のMさんに搬入受付をお願いした

残念ながら明日は自宅待機だ

陶藍展2012

藍染の矢野藍游さん
陶芸の松下敏之さん
洋裁の岡久献司さんら
6人のグループ展
陶藍展が今年も行われる

GWの5月1日から6日9時~17時の日程で
藍住町歴史館 藍の館で開催される


(クリックすると大きくなります)

DMをいただいたので
cozyブログをご覧の皆様にも
お知らせしよう

展示は無料だが
藍の館への入場料300円が必要

お近くにお住まいの方は
ぜひお運びあれ

とくしまマラソン2012

徳島は雨と風で大荒れだったが
1万人余りのランナーが駆け抜けた

いま スタートから5時間弱経過
すでに多くのランナーがゴールしている

cozyは腰痛を押して
約12km地点で応援した
トップランナーが来るまでに
すでにレインウエアを通り抜けてきた雨で
衣服がぬれ始めた

トップランナーの写真を撮ったが
雨に煙って写っていなかったので
今日は写真はなし

この雨の中 走り続けた皆さん
本当にお疲れ様でした

5時に今日の開催可否を判断するとしていたが
一向に正式発表がないと
twitterでかなりのコメントが寄せられていた

主催者側にはいろいろと手配もあろうが
とにかく判断を早くして
迅速に情報提供することなど
今後 改善してほしい

marason[1]
これは昨年の様子 ネットから

徳島の陶芸展 2012

昨日から徳島の陶芸展2012が
あわぎんホールで開催されている

会場の写真が撮れないので
せめてハンドアウトだけ



昨日行きたかったが
持病の腰痛が再発し動けず
今日の午後に症状が和らいだので
何とか車を運転して行ってきた

この催しは徳島に窯を持つ
プロの先生方24人が
この時期に作品を発表される

とても楽しみしているが
昨年は 同時に行われる
はな・はる.ふぇすたのために
駐車場が見つからず
会場前まで行ったが
あきらめて帰ったという経緯がある

今年は退職しているので
土日以外に出向くことができ
駐車場も難なく確保できた
二年ぶりに 先生方の作品を目にし
いろいろと刺激を受けて帰宅した

県外の方はなかなか難しいと思うが
ぜひご覧あれ


ところで日曜日に行われる
とくしまマラソン2012

あいにくの天気だと報道されているが
ぜひともいいコンディションで
走ってくれることを期待している

阿波しらさぎ大橋ととくしまマラソン

阿波しらさぎ大橋は
四国三郎・吉野川の河口から
約2kmの場所に新しく建設され
渋滞解消を期待されている

1291mにもなる橋の長さは
河川に架かる道路橋としては
国内で最長だとされている 

md5riiFF[1]

建設地の右岸側には
絶滅危惧種(シオマネキやトビハゼなど)が
生息する干潟があることから
干潟を守るための様々な工夫が盛り込まれている 

干潟の上にあたる部分を
吊り橋にすることで橋脚の数を減らし 
干潟への影響を最小限に抑えるよう目論まれている 

このため橋脚の間隔が均等ではない

独自の工法であるため
「ケーブルイーグレット(イグレット)工法」
と名付けられた
「イーグレット」とは干潟に飛来する
シラサギのことであるとしている

 
この橋は来週4月25日に開通を迎えるが
それに先立って4月22日に
「とくしまマラソン2012」の参加ランナーが
走り初めをすることになっている 



cozyはこの鯉のぼりを持って
もう少し上流の橋のあたりで
応援するつもりだ

参加ランナーには
ケガをしないよう
力を尽くしてほしい

新聞記事から 原発

本日の徳島新聞・日曜コラム欄にcozyの気持ちを代弁してくれる記事が掲載された.少し長くなるが,岩本敏久氏の文章を抜き書きしてみた.

『野田首相は,司馬遼太郎,藤沢周平,山本周五郎の小説がお気に入りだ.そこには,政治家に求められる最低限の資質が凝縮されている,と著書「民主の敵」に書いている.
その資質とは「竜馬」の夢,「たそがれ清兵衛」の矜持(きょうじ;誇り),そして「赤ひげ」の人情だといい,こう続ける.
<三人の小説に共通しているのは,民衆の気持ちがわかっているということです>
だが,その言葉とは裏腹に,最近の首相は民衆の気持ちがわかっているとは思えない.
その最たるものが,関西電力大飯原発3,4号機の再稼働をめぐる対応だ.首相は,関係閣僚とともに再稼働を妥当と判断し,地元の福井県に協力を要請した.

東京電力福島第一原発の事故をきちんと検証して,その教訓を徹底的に生かしてほしい.
原発の「安全神話」を作った「原子力ムラ」の癒着体制を一掃して,厳しい監視の目が行き届く公正な仕組みにしてほしい.
多くの国民が,そう望んでいる.再稼働の判断はその思いに沿っているだろうか.
原発事故の検証作業は道半ばで,責任の所在も明らかになっていない.新たな原子力規制庁の発足も遅れている.
そんな中で,信頼を失っている原子力安全・保安院による急ごしらえの安全基準をクリアしたなどといわれても,納得できるはずがない.
万に一つでも,福島のような重大事故が起これば,取り返しのつかない深刻な事態に陥る.求められているのは,拙速ではなく納得のいく慎重な取り組みである.
夏場の電力不足を回避する供給力のアップ策や節電などの工夫に,もっと知恵を絞るべきだと思う.
国民の多くが,原発への依存度を段階的に下げ将来は原発をなくす「脱原発」を望んでいることも,世論調査で明らかになっている.
野田政権も「脱原発依存」が基本方針のはずである.にもかかわらず,その道筋をいまも示していない.

(中略)      OOI_nuclear_power_plant_3_4[1]

筆者は,政治家に欠かせない資質の一つが「謙虚」だと思っている.いまの野田政権からは謙虚さが感じられない.
夢,矜持,人情を大切にする野田首相.いいことだと思う.だが,謙虚さを失うと,矜持はたちまち傲慢,尊大になりかねない.
「信なくば立たず」と論語にいう.政治が国民の信用を失えば,国は立ち行かない.
信は揺らいでいないか.首相は,国民の思いをしっかり見つめてほしい.』


国民の思いがどうしてあなたに届かないのでしょう.
見ざる,聞かざるになっていませんか.



コテつくり

きのう 知り合いの建具屋さんで
端切れの材木をいくつかもらってきた

おとといの本焼き窯を冷却中で
早く窯を開けたくて
今日は落ち着かない

で コテを作ることにした



二時間ほどで 二つ出来上がった

ただ今 150度
今からジムに行くので
帰ってきたら 開けられそう

大飯原発再稼働審議について一言

ドジョウ首相の迷走ぶりが続いている

消費税の次は大飯原発3,4号機の
再稼働についての対応である

再稼働を前提にした関係閣僚との協議が行われ
付け焼刃の安全基準をわずか数日で示してきた

協議ではストレステストの一次評価結果などを
徹底的に検証すると言ってはいたものの
さらに数日後には
関電から提出された実施計画である工程表に対し
「安全対策については(再稼働の)基準とおおむね適合している」
と判断したと報ぜられた

一方 原子力安全委員会は
総合的安全評価はあくまで一次・二次評価を
あわせてやるものと位置付けており
非常に簡略的な方法で一次評価が出て来たので
現実的な評価をやるよう提言している

ところがいつの間にか一次評価の結果のみを取り込み
関係閣僚が都合のいいように
判断しようとする姿勢がありありだ

本当に想定外の想定をするというなら
こんな安直な判断は出来まい

想定外を想定できれば
それは想定内と言うことであり
簡単に「想定外を想定」と口にするが
想定外を想定する行為は余程腰を据えて考えないと
結論づけられないはずだ

まず結論ありきで
形式だけの協議を見せられても
ドジョウに本当に
危機管理ができるのかどうかは極めて疑問だ

この議論に輪をかけたように
タヌキ顔の官房長官が
地元との協議は法的には必要ないなどと
低レベルのことをわめいている

このタヌキの発言を看過している
与野党の議員達も同罪だ


愚行を続ける政府や議員に
一日も早く引導を渡そう

バカ国会は即座に解散して 
自らの信を国民に問うべきだ

OOI_nuclear_power_plant_3_4[1]
写真は大飯原発3,4号機(Wikipediaより)

レバ刺し提供禁止

厚労省は
飲食店が生の牛レバーの提供を
法的に禁止することを決め
この法は早ければ6月にも
施行されることとなった

今では牛自体を食さなくなっているが
cozyもかつてはよく生レバを食べた

大阪に生レバのうまい店があって
大阪出張の際は兄とその店を訪れ
顔なじみになった


牛肉表面の処理のまずさから
腸管出血性大腸菌O-157による
食中毒が繰り返されているのとは別に
昨年 肝臓内部でもO-157が
見つかったことがきっかけとなった

生レバをこよなく愛する向きにはちと残念な話だろう

ある新聞ではやりすぎだとの社説もあるようだが
O-157は量の多寡にかかわらず
食中毒を引き起こす可能性があるため
命を懸けるほどのことでもなかろう

02b5dfaf[1]
写真はネットから拝借

ワラビ

早ければ 春分の日には
ワラビが顔を出したのに
出会うこともある

今年は 気温が低く推移したので
4月に入ってからが
初めてのワラビ採り

いつも比較的早く出始める場所に
行ってみた



丸々と太ったワラビがすぐに一本見つかった

山の中なので 去年中に伸びたバラなどを
鎌で切り落として 通り道を作る
それが一回目の作業

1時間近くブッシュと格闘して
やっと 道ができた

この間 相方と二人で
やっと50本ほど収穫

今晩は ワラビの卵とじが味わえそう


帰り道 上板町のしだれ桜を花見
満開を迎えた桜が
見事だった


松下慶一先生作陶展(2)

今日は会社が休みなので
相方と一緒に
松下慶一先生の個展に出発した



高松三越の画廊で開催されている
許可を得て一枚撮影した

藍彩釉が見事に奥深い表情を見せてくれた


師匠の松下慶一先生

個展3日目だが 
すでに多くの作品は嫁入り済みだった


帰り道
桜を見ようと
亀鶴公園に立ち寄った



目にする徳島の桜は7分ほど開いているが
こちらの桜は3分ほど



初めて訪れたが 
菖蒲もたくさん植わっており
花が咲いたらさぞ壮観だろう

池の周りをぐるっと歩いて回ってみると
こんな光景を目にした



蕾や花のついた桜が根こそぎ倒れている
先日の春の嵐に耐えきれなかったようだ
開花を前に無念だろう
一時も早く手当してやってほしい


ところで 讃岐といえば うどん
きょうは郷東町の「つるや」で
とっておきの芝かけうどん


揚げたての芝エビかき揚げとかけうどん(大)+バラ寿司(小)

あとは陶芸材料店をハシゴしてから
帰路についた

松下慶一先生作陶展(1)

cozyの陶芸の師匠の個展が
昨日から始まっている

場所:高松三越 本館5階美術画廊
会期:平成24年4月3日~9日



魔術師のような手さばきで
弟子たちを煙に巻く

素朴で素直な作品が満載

ご興味のある方はぜひともお運びを

ちなみにcozyは明日顔を出す予定

薬剤師国家試験

cozyが学生だった頃は
薬学教育が4年制で
薬剤師国家試験は
4年終了見込みで受験資格があった

cozyは修士課程を含めて
6年間かけて大学時代を過ごしたが
2006年から薬剤師を目指す学生は
6年制と変わった
2年間の実務実習が
義務付けられたからだ

そして今年が初めての卒業生の
薬剤師国家試験だった

6年制1期生となった
2006年度の入学者は約1万1000人
これに対し国試を受験したのは
8割に満たない8600人程度だったという
そのうち新卒生の合格率は95%だったらしい


制度の過渡期で過去2年間
新卒薬剤師がゼロで採用ができなかったところに
6年制1期生が予想外に少なかったのだから
薬剤師は売り手市場らしく
しばらくはこの傾向が続くという

すでに退職してしまったcozyには
羨ましく感じられる


ところでこれは全く関係ない
窯出しの話



今回焼いたビアマグのうち
いくつかが 旅立った
プロフィール

pottery cozy

Author:pottery cozy
FC2ブログへようこそ!

陶工房/宏磁窯の他愛ない出来事を綴ります

ニックネーム:pottery cozy
都道府県:徳島県
性別:男性
血液型:AB
その他:1951年生まれ,射手座

カレンダー(月別)
03 ≪│2012/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR