あたたかいところ(3)

今日は閏日
世界中で閏日に生まれた人は
500万人ぐらいらしい

世界の人口が60億とすると
確率的にはそんなもの

4年に一度なので
あえて記事を入れた
4年後にはまたこのことに
触れてみたい


ところで今回hはハワイ3回目の報告

ハワイ島ヒロ空港を発った時は
土砂降りだった

マウイ島カフルイ空港に着くころには
雲が切れて
眼下にはサトウキビ畑が広がった

マウイ島での最初はサトウキビ列車





ハワイには交通機関としての
鉄道はないと聞いている

観光用に走ってはいるが
時間通りに来たことはないらしい

マウイには
いたる所にマンゴの木がある



こんな風に家の庭からマンゴがぶら下がっている
庭から出たものは採っても構わないそうだ


さてさて
でも今回お伝えしたいのは
ホエールウォッチング

ラハイナの港を船で出港した

前に見えるラナイ島との間の海域に
この時期 子育てのザトウクジラが
やって来るという

しばらく走ると
はるか遠くに
ジャンプするのが見えた

船は当然そちらに向かって走った

でも もちろんクジラは姿を隠す

ところが 目前で潮が吹き上げられた



ゆっくりと身体を海上にくねらせて浮上してきた
目前のその姿はダイナミックでただただ言葉を失った



しばらく身体を隠していたが
船に横付けするように
何かがいる



クジラが船に寄り添ってきていた

この画像は結構気に入っている
(やまとさん いかがでしょうか)
(クジラの写真はクリックするとかなり大きくなるよ)

結局 20頭ほどのクジラとの出合いあがったが
コンデジはシャッターを押してからの
反応が極めて悪く
チャンスはことごとく逃し
いい写真はほとんど撮れなかった


2時間ほどのウォッチングの後
港に帰って 遅い昼食


マヒマヒバーガー
マヒマヒとはシイラのこと
高知ではシイラはネコマタギといわれている
ネコも食べないという意味だ

それを売りにしている店なのだが
やはり大味だった


で 夕方には再びホノルル空港へ

ホテルはの部屋は17階
見晴らしがよくきれいなホテルだった



が 寝付いた後で
1時過ぎに 突如ホテル中にアラームが鳴り響いた

タワーリングインフェルノ

どこかでボヤがあったらしく
17階を非常階段で避難した


これは避難した後の様子
写真を撮ろうと気が付いた時には
もう周りは落ち着きを取り戻していた

エレベータ使用許可が消防局から出ず
3時までロビーで待たされた
翌日の予定がが早いので
27階を歩いて上がった人もいた


最後の最後に避難があって
クジラ同様
迫力タップリの一日が過ぎた


朝起きるとドアの隙間から
こんな文書が差し込まれていた



ホテル側からは避難指示もなかったのに
無料のコーヒーやクッキーで
ごまかそうとしたみたい
スポンサーサイト

あたたかいところ(2)

徳島に帰ってきたら
ハワイとは一転
寒い日が続いている


意外だったがハワイ島には
4000m級の山がそびえている


そのうちの一つマウナケア 
4500mを超えている
頂には積雪がある


キラウエア火山の火口を見た
噴煙が上がっている
水蒸気爆発のような危険はないとのこと



このほかにもいくつか観光地を訪れたが
山から下りて 
宿泊するヒロのホテルからの景色


ヒロの港


ホテルの前には
ガジュマルの古木が
鎮座していた

この木はベーブ・ルースに所縁があるらしく
イチロー選手ががわざわざこの木を見に来たらしい

ヒロの町はほとんど何もなかった
夜は灯りが消えて真っ暗


ところで 今回は
出会った花々を紹介する


プルメリア
レイや髪飾りに使う花


ハマユウ
学生時代に研究対象にしたヒガンバナ科の植物
身長ぐらいの高さ


自生している
ストレッチア


ヤシの木の幹に寄生した
ラン科の花 
花弁は直径20cmくらい
花の名前はわからないが
きれいだった


これはハワイ全土でたくさん見られる
アフリカンチューリップ
チューリップとは似ても似つかない
高木に咲いたオレンジの花


これはご存じブーゲンビリア
これもいたるところに見られた


最後はランの販売所に非売品として
展示されていた
セイ・アロハというラン
価格はなんと二万ドル(約160万円)


今回はハワイ島を中心に...

次回はマウイ島の大迫力をご紹介予定

あたたかいところ(1)

先日の積雪の午後から
相方と 徳島を抜け出した

徳島空港から羽田
羽田から成田空港に向かった


行先は ホノルル(オアフ島)

2月19日の20時ころ日本を発ったのに
ホノルル着はその日の早朝

市内の朝はシャワーだったが
すぐにバスで市内観光へ


カメハメハ大王像を見るころには
すっかり晴れ上がった

続いて ワイキキビーチ



残念ながら ここで泳ぐ時間はなかった


昼食後 お決まりの免税店へ

cozyは何も買うものがなかったので
時間つぶしにそこら中歩き回った

すると そこに展示されていたのは
なんと大好きなもの...


かつて F-1グランプリで暴れまわった
JPSロータス(ルノー)

予期しないこの本物との出会いには感動した
40年近く前に1/12モデルを作ったことがある



市内循環バスも楽しそうだった


その後 今日3度目の飛行機移動
オアフ島からハワイ諸島最大の島ハワイ島へ


ホノルル空港にて


ハワイアン航空機で


夕方到着したのはコーヒーで有名なコナ(ハワイ島)

島の西半分は溶岩で
コナ空港の周りには
木もほとんど生えていなかった

1時間ほどバスで走ると
やっと緑が見えてきた


ハプナビーチにあるホテルからの夕日

これはとてもきれいだった

夕食は屋外のレストラン
ろうそくの灯りのもとで楽しんだ

かくして40時間にわたる
寝不足の第一日目が終わった

雪の朝

昨夜から降り始めた雪が
今朝は周り一面
真っ白の世界にしてくれた


工房から見た日の出直前の光景

夜が明けるのを待って
撮影してみた

雪は心を洗ってくれるようだ


でも 寒いのは嫌いだから
午後から 相方と一緒に
暖かいところへ行く


そのレポートは また改めて...

キサラタタラペカンペ

cozyブログをご覧の皆さん 
キサラタタラペカンペとは
なんだと思われますか

おまじないの言葉ではありません

記事後半でお教えします


環境省レッドデータブックで
絶滅危惧種Ⅱ類に指定され
徳島県内では
ほとんど絶滅しているとみられる
ヒシ科の水草・ヒメビシの種子が
鳴門市の水路で見つかったと
新聞報道があった

見つかったヒメビシの種子は
黒くて四つのトゲがある

ヒメビシ

この写真を見て
学生の頃に北海道旅行して眼にした
「キサラタタラペカンペ」という
ヒシのことを思い出した


この奇妙な名前のヒシは
どういう訳か40年たった今も記憶に残っている

苫小牧のウトナイ湖にのみ自生するヒシで
トゲがもっとたくさんあった
その乾いた種子をコインで擦って磨き
表面をピカピカにしたものを
ペンダントトップやレイにすると
説明を受けたのを記憶している


ヒメビシのこの記事は
年をとってそのまま脳のどこかに
置き去りにされる記憶を呼び覚ましてくれた


でも残念ながら
この「キサラタタラペカンペ」の画像を
ネットで探したが
見つけることはできなかった



トマト

トマトの中に
脂肪燃焼作用を含む物質が
含まれていることを
京都大学の研究グループが
発見したと報ぜられたのは
ご存じのとおり




この脂肪燃焼作用を持つのは
「13-oxo-ODA」という物質で
肥満マウスを用いた動物試験で
肝臓内の中性脂肪の量が
およそ30%減少したという

ヒトの食事に換算すると
食事毎にコップ1杯のトマトジュースを飲むか
トマト2個を摂取することが効果的だという


で こういうことが報道されると
翌日にはトマトやトマトジュースが
スーパーの売り場からなくなっている
などということがよくある現象だが
その後どうなったかをcozyは知らない


スーパーの売り場のトマトや
トマトジュースのなくなり方ぐらい
購入したヒトの脂肪が
なくなっていれば本物だろう


しばらく購入する人の
体型を眺めてみるか


ちなみに私は本来トマトが好きだが
肝臓の中性脂肪が低いかどうかは
わからない

中性脂肪が高いことは
今までなかったが
決して身体が細いとは言えない


さて この話題を あなたはどう考える?

春の息吹

昨日は暖かかったが
今日は一転 雨で気温が上がらなかった

昨日 父の墓参りに行ってきた

正月以来なのでひと月あまりになる

山の途中ににお墓があるので
気温が低く
水鉢には 厚い氷が張っていた

でも寒さに負けずに
お墓の周りに植えられた梅が
つぼみを膨らませ始めていた

父が元気な時に植えた梅だ


まだしばらくは花を開きそうにない梅のつぼみ

梅のつぼみを見た後で
我が家の植木に 眼を移してみると
なんと庭木の珊瑚樹にも
芽吹きが見られた

冷え込む日が多い最近なので
身近に 春の息吹が訪れていたことに
全く気付かなかったが
春は確実に近づいているようだ



寒いのはとても嫌いなので
一日も早く 暖かくなってほしいと
願っている

中古角匣

陶芸用品の中古ネットワークを通じ
角匣を購入することができた

中古品が出回るのを
いつもウォッチングしている

丸匣はいくつか持っているが
角匣はあまり出回らなかったので
手に入っていなかった

新品だと何倍もするので
試しに購入することも
なかなか判断がつかない

今回入手した匣のうち
底のないタイプは問題なさそうであるが
底のある方は
大きくひび割れができているのを
承知の上で購入した



これからいろいろと
焼成を試してみたい

そんなことを考えていると
ワクワクして来る

ザック革命

昨日のU-23の対シリア戦で
敗戦となったことは
残念で仕方ないが
なるべくしてなった結果といえなくもない

最終予選は
あと残り2試合

決して失望する状況ではない
その2試合をどう戦うかは
むしろゲームプランが
明白になったことだろう


ところで今日はサッカーという
共通点はあるが
オリンピックではなく
日本代表監督の話

CIMG1828 - コピー

ザッケローニは大病のために
プロサッカー選手としての夢をあきらめたが
指導者としてイタリアで花を咲かせた

一昨年 日本代表監督を引き受けると
曲者だらけの選手をまとめ上げ
負けを知らない勢いである

ザックの原点を知りたいと思い
この本を購入した

しばらくは陶芸本しか読んでいなかったが
じっくり読んで
考え方や心のあり方を学びたい

節分

今朝は冷え込んだ
徳島は零下3度だったらしい

工房は屋内だが2度だった

この冬一番の冷え込み

でも今日は節分
ということは明日からは
暦の上では春

寒いのは大嫌い

節分というと
イワシ

CIMG1816 - コピー
相方が煮てくれたイワシの梅煮
とってもおいしかった

次は近所の
寿司屋さん「げん太」の巻きずし

CIMG1818 - コピー
福豆も並べて撮影

鬼の役で相方に豆をぶつけられた

恵方の北北西に向かい
巻きずしをガブリ...

今年も災難なく暮らせますように

で 儀式は終了

娘たちもいない二人きりの我が家だが
季節は確実に巡ってくる

ヒラメの寄生虫

朝刊でヒラメの寄生虫による食中毒が
鳴門市の飲食店で発生したと報ぜられた

ヒラメの寄生虫などと耳にしたことがなかったが
調べてみると10月に奈良や広島 12月には北九州市で
同じ寄生虫による食中毒が発生しており
4月には厚労省から注意喚起の通知が出されている

ヒラメを生食後 数時間程度で
一過性の嘔吐や下痢が起こり
軽症で終わるという経過を辿っているようだ

原因となっているのは
クドア・セプテンプンクタータという
寄生虫と考えられている

クドア2
NIH提供のクドア 
少しヒトデに似ている
でも大きさは10μm程度

クドアは養殖ヒラメの筋肉に寄生する寄生虫で
ヒトには寄生しないとされているが
ある一定以上の条件下で発症するようだ


ヒラメの刺身はおいしいので時々口にするが
一度こういう話しを耳にすると
慎重になってしまう

加熱(75℃で5分以上)又は
凍結(-15℃~-20℃で4時間以上)することにより
病原性を示さなくなることが確認されているとはいうが

刺身は必ずしもこの条件を
クリアできないし....

かといって天然物は高いし...

マスキングテープ

陶芸原料や材料は
徳島には販売店がないに等しいので
県外に出かけたときに
陶芸用品店などに立ち寄り
購入することにしている

商品内容に問題ないことが
明らかな場合は
ネットを利用する

ネットで購入するときは
購入金額と送料とのバランスが気になる
土は重量があるので
送料もバカにならない

今回は 
ある方からから
マスキングテープの購入を依頼され
まとまった数量を発注した

重量はないので送料は
あまり気にならないが
単価が安いために
少量ではコストが
グンと跳ね上がることになる

で それが届いた
今回は金額が一定額を超えたので
送料は不要だった


3mm幅の紙製マスキングテープ

cozyの作品傾向は
マスキングを多用するので
個人的には使用量が比較的多く 
自分でも多量のストックを持っているが
あまり使用しない規格のものは
ダメになって捨てることもよく経験する

かといって 
必要時になければ困るので
廃棄ロスを覚悟で購入することになる


近くで陶芸用品を調達できればいいのにと
窯業のさかんな土地が
うらやましくなるときもある

プロフィール

pottery cozy

Author:pottery cozy
FC2ブログへようこそ!

陶工房/宏磁窯の他愛ない出来事を綴ります

ニックネーム:pottery cozy
都道府県:徳島県
性別:男性
血液型:AB
その他:1951年生まれ,射手座

カレンダー(月別)
01 ≪│2012/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR