やっと決まった日本代表監督

やっとの事で日本代表監督が決まった.


次期監督はイタリア人.


現役時代のプレーは知らないが

監督時代は3-4-3の攻撃的システムで

セリエAのいくつもの名門チームの監督を経験してきている.


カテナチオで有名なイタリアにおいて

ひときわ異彩を放つ監督だと期待している.

日本で3トップが有効なのかはわからないが

どういう采配を見せてくれるのか

これからじっくり見よう.


ワールドカップ南ア大会が終わって

Jリーグのサッカーを見てもスピード感がなくて

おもしろさが今ひとつだと感じていた.


青きサムライ達よ

ザッケローニ監督の下で

どうかレベルの高いサッカーを見せてくれ.


20100831俊輔
スポンサーサイト

てめえら,国民不在でどうするんじゃ!!

昨今の民主党の覇権争いは

目に余るものがある.

国政を担当していながら,

私利のみを追求しているとしか思えない.


責任を取って党首を退いた人間が,

再び代表選に出るとはどういう神経だ.

また,

それを応援する元首相には

ほとほとあきれるばかりだ.

党を自分の物とでも思っているのか.


それなら世襲元首の北朝鮮と

なんら変わらないではないか.


国民は今のように迷走する民主党に

期待して一票を投じたのではない.


国政や,国民不在で,

私利私欲に走り回る情けない輩どもよ,

眼を覚ませ.

国民不在の,無政策の

空白の日々を作るのはもうやめてくれ.


おじさんはホントに怒っている.


20100829粉引皿
刷毛目皿  285φ

怖い病原菌と有用微生物

前回の話題は 

高度薬剤耐性菌のこわーぁい話だったが

更に 相次いで怖い病原菌と

有用かも知れない細菌の話題が報道された.


まずは怖い方から.... 

香港での話だ.

自宅で魚を飼っていた女性が

「人食いバクテリア」に感染し

危篤状態に陥っているとのことだ.

「壊死性筋膜炎」に感染したとみられ

敗血症を発症した.

この「人食いバクテリア」は

小さな傷口からも体内に侵入し

筋組織などを破壊する毒素を放出する

ビブリオ・バルニフィカスと言うらしい.

細胞組織がどんどん壊死して

迅速な抗生物質による治療が行わなければ

半日ほどで死に至ることもあるという. 


一方,有用(かもしれない?)微生物は

メキシコ湾での話だ.

大量の原油が流出したメキシコ湾の

海底から採取したサンプルから

原油を分解する新種の細菌が見つかっている.


自然環境に取り返しのつかない負荷を

強要している未曾有の人災「石油流出させ事故」であるが

捨てる神あれば拾う神ありで

原油の流出した海域の深海に繁殖しつつある

オセアノス・ピリラーレスと呼ばれる細菌の仲間が

原油分解に一役買う可能性があるということだ.


目に見えないほど小さいバクテリアや

ウイルスなどに簡単に命を奪われる人間が

地球上の頂点に立つという傲慢な誤解をもって

地球環境を破壊しつつあるときに

これを正常な環境に戻そうとして頑張っているのが

やはりバクテリアであるという皮肉に

改めて微生物の可能性の大きさを感じた.

20100818トラ伸
干支のトラ 90x45h

高度耐性菌

先週末 新聞で戦慄を覚える記事を眼にした

インドやパキスタンで
美容整形術や手術を受けた人が
高度薬剤耐性菌に感染する例が相次いでおり
ベルギーでは死者も出たと報じている

薬剤耐性というとMRSAが有名であるが
今回はNDM-1遺伝子を獲得した細菌が原因と考えられており
カルバペネム系抗生物質でさえ耐性を示し
殆どの抗生物質が効かないということだ

現在 ヨーロッパやオーストラリアなどで
この耐性菌による感染例が報告されている

厚労省からも注意呼びかけの通知が出たと
今朝の業界新聞が伝えていた

易感染性の感染症は新型インフルエンザと同じく
一旦発生すると航空機を介して容易に大陸間を移動し
これを食い止めるのは非常に困難となる

昨年の今頃はマスコミの煽動で
新型インフルエンザに振り回されていた
その後 予想したより病原性が低いことがわかり
マスコミは責任を取らないままトーンを下げ
新型インフルエンザの煽動が収束した
(終息したのではない)

先のマスコミの対応のまずさのために
次に新型インフルエンザが発生したときは
世間はきっと対応が遅れ
悲惨な結果をもたらすのではないかと
私は危惧している

この感染症が
先の新型インフルエンザのような
馬鹿騒ぎにならないよう
関係機関は慎重に
かつ早めの対策を講じることが必要だと痛感している


20100609
ワインクーラー 250φx160h

蝉しぐれ

我が家の周りでは 

アブラゼミの鳴き声がとどろいている

蝉の鳴き声も少しは盛りを過ぎたのだろうか

そういえば 所々で息絶え絶えになっている蝉や

息絶えた亡骸をよく見かけるようになった

先日歩いていて 抜け殻がたくさん付いた木を目にした

アブラゼミもその抜け殻のすぐ近くでカメラに収まった 

20100812セミ1
たくさんの抜け殻とアブラゼミ  


ところで 

かつて私がまだかわいい(??)坊やだった頃

夏休みには 近所のお寺の境内に

よく蝉取りに出かけたものだ

そこには桜や楠の大木が何十本も生えており

塀の上を伝い歩きながら

また木によじ登って

蝉を網で捕まえた


そのころは

蝉といえば クマゼミとニイニイゼミが殆どで

希にアブラゼミを見つけると

手に入れようと夢中で追いかけたものだった


あるとき 

蝉の一生について意外なことを聞いた

数年間を土中で過ごし やっと外に出て羽化しても

わずか一週間あまりで卵を木の幹の中に生みつけて

短い一生を終えるというのだ


それからは蝉を捕まえるのに少し気が引けるようになった


最近の蝉の種類を見てみると

奇妙なことに気づく


周りで見かけるのは殆どがアブラゼミで

クマゼミやニイニイゼミは見かけることが少なくなった

とはいえ

高い木の下を通りかかると

クマゼミが鳴いているのに出くわすことは時々ある


一方

ニイニイゼミはもう殆ど見かけない

姿はもちろんのこと

鳴き声さえも耳にすることがなくなった


飛び立つときにかけられるオシッコさえ懐かしく感じるほどだ


私は近所のことしかわからないが

日本中で蝉の分布に異変が起こっているのだろうか


我が家にある立ち木の一本からは

毎年抜け殻が見つかる

その木の近くで息絶えたアブラゼミが転がっていた

20100812セミ2

この蝉は 心おきなく歌い

新しい生命に自らの生命をつなぎ

一生が終えられたのだろうか

猛暑日

猛暑日が連続しているので

すこし涼しくなる話を....


お盆休暇の とある日

雨上がりのブロック塀で

面白い光景を眼にした


一方は殻を背負っているが

片方にはない

単純に殻があるかどうかで

元は同じとしたら

面白い話になるのだが...


あっ,それはヤドカリだったか.

  
20100812カタツムリ
カタツムリとナメクジ

可能性

抗てんかん薬のバルプロ酸が

神経幹細胞の遺伝子構造を変えることに着目し

脊髄損傷マウスに

ほかのマウスの胎児の脳から採取した

神経幹細胞を移植し

バルプロ酸を注射した結果

その6週間後には

約75%が歩けるようになったとの

記事を新聞で読んだ.


もし,ヒトでこのようなことが可能となると

困難とされてきた脊髄損傷の治療が

実現するかも知れない.


最近,再生医療の話題を独占し

その可能性が広がっていくiPS細胞であるが

同時に,克服しなければならない

多くの問題も秘めている.


いずれにしても

このような夢のある研究には

是非ともヒトへの適用が

成功するように願わずにはいられない.


20100818左馬湯呑
左馬湯呑 75φx85h
(この話題とは無関係)

太鼓

お盆に娘が帰省した.

バス停に迎えに行くと,

なにやら重そうなバッグを肩にかけている.

尋ねると太鼓だと答えた.

事情があまり呑み込めないまま,帰宅した.


数日後,陶芸作業をしていると,

遠くで太鼓の音がする.

阿波踊りのリズムではないし,

秋祭りの太鼓の音に似ているが,

時期的に早すぎる.


その時はあまり気に止めなかったが,

しばらくしたらまた始まった.

ふと気がつくと

どうも我が家の二階から聞こえて来るようだ.

ああそういえば娘が太鼓を持って帰ってきたと言っていたなと,

そのとき初めて結びついた.


娘に太鼓を見せてもらったら,

練習用の携帯コンガだった.

20100815コンガ
トラベルコンガ  径約40cmx厚さ約10cm

娘は大学時代にオーケストラに所属して

パーカッションを担当していたが,

大学を卒業してからもパーカッションの練習を続けているようだ.


お盆休みに軽くはないトラベルコンガを

持って帰って来る意図はよく理解できないが,

久しぶりに我が家にピアノの音も響いていた.

一期一会

台風4号の影響で夜半は強い雨が降ったが,

明け方にはほぼおさまった.

いつも通っているジムは,

今日からしばらくお盆休みということで,

運動ができないので,

今朝からはウオーキングをすることにした.


ジムが休みの年末年始とお盆時しか,

近所を歩き回る事もないが,

歩き始めて見るといいブログ用ネタがいくつも見つかった.


カメラを持参していなかったので,

ウオーキングを終えてから,

自転車を持ち出し写真を撮りに再度出かけた.


今日はジャンボタニシの話題だ.


私の家の周りはレンコン畑だが,

レンコンの茎には赤い卵をよく見かける.

稲作の田んぼにもところどころであの赤い卵は見かけるが,

レンコン畑は特に多い.

20100812ジャンボタニシ3
ジャンボタニシの卵(赤いのが卵)


大きなタニシを今まで道路で見かけたことはなかったが,

今日,歩きはじめると,

台風の影響か,

道路の真ん中をじわじわと動く奴がいる.

近寄って見ると今まで見たこともないようなジャンボタニシだった.

約6cmもある.

20100812ジャンボタニシ1
道路に這い出してきたジャンボタニシ 約6cm


ひっくり返して見ると,

美味しそうなべろを引っ込め,

すぐに口を締めてしまった.

20100812ジャンボタニシ2
ジャンボタニシ裏側


ネットで調べて見ると

このジャンボタニシは1970年代に食用として持ち込まれたが,

稲作とかレンコンに悪影響を及ぼすので

10年もしないうちに養殖営業家が全て廃業した結果,

こんな結果になったようだ.


台風の雨がなければ,

そしてお盆でジムが休みでなければ,

道路で美味しそうなジャンボタニシに会う事もなかったが,

これも一期一会かなと思った.

工房の銘板

やっとのことで工房に銘板を掛けることができた.


20100811銘板1
工房/宏磁窯の銘板 拡大


銘板についての構想は色々あったが,

結局,おとなしいものになった.

これで工房/宏磁窯の再スタートとなる.


工房/宏磁窯を訪問してくださる方は予め連絡を下さい.

鍵コメでメールアドレスを入れてくだされば

こちらから連絡いたします



袋小路の非常にわかりにくい所にありますので,

この銘板にたどり着くのは,

並大抵のことではありませぬ.


20100811銘板2
工房/宏磁窯の銘板 やや引き気味

梅干し

陶芸の友達から梅干しを頂いた.

5Lの樽に満杯である.

毎年,梅干しに仕上がったものを頂く.


20100807梅
今年頂いた5L容器の梅干し


今年は特にできがよく,

梅が大きくて,柔らかい.

県外にいる子供たちも心待ちにしているので,

これをおすそ分けして毎年送っている.

ありがとうと言いながら,

早速,一個口にした.

あ~ぁ すっぱ!


20100807梅3
柔らかい梅干し かつて作った自作小皿に載せて


** 明日,受験のS木さん 試験頑張ってね!

  努力はきっと報われる.

  自分を信じて... **

陶人形

外見に似合わないとよく言われるが,

かわいい陶人形を作るのが好きだ.

今年の干支というと少々遅くなってしまったが,

これにちなんでトラ楊枝立てを作っている.

20100803トラ1
素焼き前のトラ楊枝立て  h70mm


まだ途中であるが,

このあと,素焼き,施釉,本焼きとなる.

うまく行けばこんなのが出来上がるはずだ.

20100803トラ2
以前に作った本焼後のトラ楊枝立て  h70mm


このほか,こんなイヌの人形も作ってみた.

20100803チャロ
イヌのキャラクター人形  h85mm


子供に対する虐待や育児放棄をはじめ,

政治家が引き起こした昨今の様々な問題など,

最近は世にもの申したいことが多いが,

こういうかわいい人形を組み立てていると

心が和み,制作しながら,

顔が緩んでくるのを感じる.
プロフィール

pottery cozy

Author:pottery cozy
FC2ブログへようこそ!

陶工房/宏磁窯の他愛ない出来事を綴ります

ニックネーム:pottery cozy
都道府県:徳島県
性別:男性
血液型:AB
その他:1951年生まれ,射手座

カレンダー(月別)
07 ≪│2010/08│≫ 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR