ヒナ二羽

今日は昨日よりもっとすばらしい
コウノトリの赤ちゃんのニュースが飛び込んで来た
巣に少なくとも二羽の赤ちゃんが確認できたとのこと

 20170323ヒナ二羽
 画像はネットから

動画では二羽の頭が動くのが確認できるが.....

兵庫県豊岡市周辺以外では初めての誕生になる
夢のような話だ

新しい命が無事育ち 5月末に巣立ちを迎えることを心から願っている

-------------------------------
3/25追記

本日の朝刊に巣には三羽のヒナがいることが昨日の時点で確認されたと報ぜられた
ますます喜ばしいことだ
スポンサーサイト

コウノトリ孵化?

朝刊を開くとビッグニュースが飛び込んで来た

抱卵して巣に座っていたコウちゃんとウノちゃんが交互に立ち上がり
巣の中にクチバシを入れたり エサを吐き出すような行動が観察できたという

このペアは抱卵開始から考えて3月20日ごろにふ化の可能性があると報ぜられていたが
もしかすると赤ん坊コウノトリが生まれたかもしれない

 孵化DSCN2077
 徳島新聞より
 (新聞を撮影したので見にくくて...お許しを)

とっても嬉しいニュースなので今後を見守りたい


ところで彼岸真っ最中
昨日は雨で少し気温が下がったが
この数日の暖かさのためか全国のトップを切って
東京でソメイヨシノの開花宣言が出た

 開花
 画像は日経新聞から拝借

靖国神社の標本木に五輪以上の花が開いたそうだ

徳島ではまだ10日くらいかかりそうだとの予測である
でも徳島の標本木は開花が遅いので
あと5日もすれば開花は見られるかもしれない

工房の周りでは3日ほど前から急に杏子の花が開花し始めた
濃い目のピンクがとても鮮やかだ
今 撮影して来たらこんな感じだった

 杏子DSCN2073

今週末は少し冷え込むようだが
春の足音が確実に近づいてきているのを感じる

こんな楽しくて明るいニュースばかりだといいなぁ

ウノちゃん

早いもので今年ももう二か月が過ぎました
作品展の準備が進まなくてじれったい日々を過ごしています


今朝 プランタに水を遣りに外に出ると
水がわずかに残ったレンコン畑にウノちゃんを見かけました

早速しばらく撮影しました
望遠を利かせて覗いていると
今日はかなりエサを見つけたようで
確率よく餌を見つけ出してほおばっていました

ただ 餌をとっているところがあまりにも道路に近いので
心配して見ていると
散歩のおじいさんがやってきました
その人はどんどんウノちゃんに近づき
携帯カメラを向けて撮影を始めました
10m程まで寄ったでしょうか...

案の定 この餌場を諦めてどこかに飛んで行ってしまいました

  
  飛び立ったところを捉えました

エサが少なくなっているこの時期
抱卵してお腹を空かして
巣守を交替してやっとやってきた餌場なのに
心無い老人の行動が
非常に残念に思いました

コウノトリ再来

今日午後に予定していた韓国語講座が臨時休講になった
予習を中断して外に出てみるとコウノトリが
レンコン畑で餌を探していた

ただ今11時38分

慌てて撮影しPCに画像を取込み ブログにアップしている
今まだレンコン畑にいるだろう
  ウノDSCN1979

拡大してみると背中に発信機が見えるので
メスのウノちゃんのようだ
  ウノDSCN1972

水の少なくなった畑を繰り返しつついているので
クチバシ途中まで 泥がついている
  ウノDSCN1970

枯れたレンコンの茎を避けながら歩くので
高く足をあげるのが滑稽に映る

追っかけもやってきた
ただ今車が三台とバイクが一台停まっている
  ウノDSCN1982

コウノトリ定着推進連絡協議会からの推定では
18日から抱卵に入ったとの報道があった

今はきっとオスのコウちゃんが卵を抱いているのだろう
(cozyは勝手にオスをコウちゃん メスをウノちゃんと呼んでいる)

コウノトリ抱卵?

我が家の裏にあるレンコン畑からはすっかり水が抜かれ
殆どの畑からはレンコンが掘り出されてしまった

 蓮根DSCN1964

先月まで水をたっぷり湛えザリガニやオタマジャクシが
群れている姿を目にしたが 今はすっかり姿を消してしまっている
この状態では残念だがコウノトリの餌場にはならないだろう

前回コウノトリの飛来があってから
しばらく見かけていなかったが
つい先日抱卵したのではないかとのニュースが飛び込んで来た

先月20日ころにはマウンティング(生殖行動)が観察され
月末には本格的な巣作りが開始されたと報ぜられていた

そして先週から このような↓ 行動を
二羽がかわるがわるしているとのことだ
抱卵し始めたのではないかと思われる

昨年より1か月ほど早い

 抱卵か
 画像は鳴門コウノトリTwitterより拝借

昨年生まれた卵は巣で温められていたが無精卵の可能性が高く
しかも最後には親鳥が巣を離れたすきに
カラスの餌食になるという残念な結末だった

今年はうまく二世が誕生するよう願っている
プロフィール

pottery cozy

Author:pottery cozy
FC2ブログへようこそ!

陶工房/宏磁窯の他愛ない出来事を綴ります

ニックネーム:pottery cozy
都道府県:徳島県
性別:男性
血液型:AB
その他:1951年生まれ,射手座

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR