キハダカノコ

毎年この時期 10日ぐらいに限って飛び回る蝶がいる
いや 蛾かもしれない

名前がわからずネットで調査してゴマダラチョウかと思っていたが
どうもぴったりとはいかなかった

そこでさらに詳しく調べてみた
一番近かったのはキハダカノコ
蛾の一種である

 キハダカノコDSCN3387

なかなか撮影できないが
たまたま花にとまったのを見つけた

蝶と蛾の違いは羽を開いて止まるかどうかだという人もいるが
必ずしもそうではない

でもこの虫は羽を広げてとまっている

幼虫時期の毛虫が何なのかはわからなかった

飛ぶ姿を目にすると今年もこの時期になったと季節の移ろいを感じている
スポンサーサイト

ミニバッタ

もう6月になりました
工房の石油ストーブはまだ仕舞えていませんが
今日は全国で各地の気温を上回り
北海道で30度を超えるという予報です

つい先日 キュウリの脇芽掻きをしていたら
どこにいたのかたくさんのミニバッタが見つかりました

 バッタDSCN3363

プランタの縁に数匹
僅か5-6mmです

ひょっとすると野菜に悪さをするのかもしれないけど
あまりにかわいいのであえて退治しませんでした

翌日覗いてみるともうどこにも見当たりませんでした
また隠れているのかもしれません

6月になると 鳥やら虫やら 活発な活動時期に入ります
今月はそんな記事が多くなりそうです

ホタル

例年だと6月に入ってからホタルを見に行くが
昨夕鳴門市の大谷川にホタルを見に行った

小さい駐車場には訪問者が多くて
何とか駐車できた

一日中曇りだったし 気温も低くはなかったので
条件としては悪くなかったが
あまりたくさん見ることはできなかった

たまたま近くの草むらに飛んできたホタルを
近くによってマクロで撮影した

 

何とか光を捉えることはできたが
コンデジではこれが精一杯

大谷川には二年ぶりに訪れたが
次第にホタルが減っているような気がする
多い時で一視野に五匹程度だった

これだけ少ないとホタルも次の世代に
命をつなぐのが大変だろう

暗闇の中でゆったりと動くかすかな光と
澄んだカジカの鳴き声が
僅かな時間だったが心をいやしてくれた

蛾?

そろそろ夏野菜の苗を植え付けなければと思い
古い土の整理と再生をするために
ブルーシートに広げて日光にあてていたところ
見たこともないきれいな若草色の蛾(?)が
土の上で休んでいました

 蛾DSCN3324

蛾なのか蝶なのかは定かではありません

とにかく見かけない模様や色でした
きれいだったので撮影してみました

しばらくするとどこかに飛んで行ったのか
姿を消していました

周りのレンコン畑の上では
ツバメが餌を求めて低空飛行をしています

 低空DSCN3346

無事ならいいんだけど...

ニラの花にいたのは...

プランタで育てているニラに花がついている
特にいい匂いを振りまくわけではないが
その花の周りを飛ぶハチのような昆虫を見かけることもある

先日プランタの草を抜いているとき
花の辺りで何かが動いたので
目をそちらに移してみると.....

 クモDSCN2614

こんなものを見つけた

コバチをしっかりとつかんだクモ!!

種を作るために咲いた花
その花を目当てに寄るコバチ
それを餌とするクモ

生き物の命が失われるのは残酷ではあるが
生命の輪廻を感じた瞬間だった

プロフィール

pottery cozy

Author:pottery cozy
FC2ブログへようこそ!

陶工房/宏磁窯の他愛ない出来事を綴ります

ニックネーム:pottery cozy
都道府県:徳島県
性別:男性
血液型:AB
その他:1951年生まれ,射手座

カレンダー(月別)
05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR