東北旅行 2 山形~宮城~青森

蔵王温泉のホテルから2日目がスタートしました

朝食の膳に折り鶴と共にこんなかわいいコメントが添えられていました(写真左)

 朝食DSCN2387     ハクサンチドリDSCN2396     御釜DSCN2403

そしてまず向かったのが蔵王五色岳にある火山湖 御釜
天候等の条件によってエメラルドグリーンやるり色に
湖面の色が変わる蔵王のシンボル

ここだけは気温が高くなく
まだ寝雪が残っていました(右画像の白いところ)
希少高山植物のはずの有名なハクサンチドリも
たくさん目にすることが出来ました(写真中央)


続いて岩手・中尊寺に向かいました
金色堂などは写真が撮れないので
それ以外のスナップ

 中尊寺DSCN2418     龍の髭DSCN2415     そばDSCN2422

さすが中尊寺 結ばれたおみくじが粋でした(写真左)
白いかわいい小さな花を見つけたので撮影したところ 
ガイドさんから龍の髭と教えてもらいました(写真中央)
龍の髭の花は初めて見ました

そして右の画像はお昼に食べたそば定食
このそばはとてもうまくて
今まで食べたことのない食感で感動しました


さらにここから秋田県を経由してホテルに向かいました

 岩手山DSCN2427     発荷峠DSCN2430

左画像は岩手の名峰岩手山
青森は岩木山なので四国の人間は間違えてしまう
そして右の画像は発荷峠からの夕方の十和田湖
心を惹かれる東北らしいいい眺めでした

そしてこのあと秋田県側から数十メートル入ったところにある
青森のホテルに到着し二日目の夜を迎えました

この日も500km足らずの走行距離でした

スポンサーサイト

東北旅行 1 徳島~東京~福島~山形

忙しかった作陶展も終わり一息つきたくなった
そういえば去年4月以来旅行にも出ていなかった

東北三泊四日のバスツアーが予約出来ていたので
陶芸展の荷物整理もできていないが出かけた

東京までは飛行機で飛び
そこからは毎日500kmほどを走り回るという強行スケジュール

まずは一日目は東京から山形蔵王温泉まで500キロ

徳島の気温はそれまで7月に入って30度台を記録したのは僅か2日だけ
31度にもならなかった徳島を離れた途端
トイレ休憩した栃木・佐野SAでは37度超え

これには驚いた

 佐野

名物のレモン牛乳も暑苦しく感じた

お昼は羽田で買ってきた弁当を車中で食べひたすら走った

次のトイレ休憩 福島・安積SAで見かけたウルトラマン関連グッズ

 安積DSCN2376

特撮で世界的に有名だった円谷英二監督の出身地だとか

一日目 最初で最後の観光スポットが裏磐梯の五色沼

 五色沼DSCN2380

趣のある湖だったがとにかく暑かった
動くと身体中から汗が噴き出してきた

そして再びトイレ休憩は山形米沢市の田沢道の駅なごみの郷

 米沢焼DSCN2385

ここでは米沢焼という耳にしたこともない焼き物を目にして
興味深かった

そしていよいよ蔵王温泉のホテルに着いたが
この暑さにもかかわらずホテルに冷房用のACがなくて
閉口してしまった
セントラルヒーティングならあるらしい
昨日から急に気温が上がったとのこと

泉質は酸性硫黄泉でよかったが
これからの3日間一体どうなるのかと
不安を感じる初日だった

のうき屋米米

木曜日の徳島新聞増刊さらら7/6号に
早朝お出かけスポットが記事になった

この中で朝4時半からやっているワンコインモーニングのお店として
阿南市の「のうき屋米米」が紹介されている

一度も行ったことのない店で
cozyがコメントするのも変な話だが
実は面白いつながりがある

 米米DSCN2361
 記事全容(クリックすると大きくなるので多分読むことができる)

 米米DSCN2362
 店をやり繰りする美人三姉妹
 (いずれの画像もさらら記事を拝借)

どういうつながりかというと.....

先日行っていた作陶展でタタラのお皿を
まとめて10枚も買ってくださった方がいた
面識のない方なので話しをさせて頂くと
お店をなさっているとおっしゃった

かさばらない器がいいからとおっしゃった

その方が一番左のみえちゃんだった

何のお店なのかは尋ねずじまいだったが
帰宅して調べると定食屋さんだと分かった

そして数日後この記事に出会ったので
ブログで紹介したくなった

お昼過ぎまで開店しているようなので
是非一度足を伸ばして訪ねてみようと思っている

アセトアミノフェン

先月末 解熱鎮痛剤アセトアミノフェンの原薬製造メーカー「山本化学工業」が
自社製造原薬に安価な中国製原薬を混ぜて製薬会社に出荷していたことが明らかになった

 
 アセトアミノフェンの化学構造

山本化学は国内大手の原薬製造会社で
アセトアミノフェン国内原薬の8割のシェアを占めているという

原薬もPMDA(医薬品医療機器総合機構)に製造方法に関する登録申請の必要がある
本質や特性,性能及び安全性に影響を与える製造方法等の変更は
一部変更申請を行なう必要があり
当然この原薬を用いて医薬品を製造する製薬会社とは
その影響を協議し しかるべき変更申請を行なう必要がある

ところがPMDAへの変更申請はおろか
製薬メーカーにも何の連絡もせずに
勝手に中国製原薬を混ぜて出荷していたものと思われる
(cozyは詳しく情報を入手できる立場にないので推定の域を出ない)

当然ながら製薬メーカーとしては寝耳に水の話であろう
分かっていれば承認事項の一変申請が必要となる事案である

cozyは現在腰痛のために鎮痛剤としてアセトアミノフェン製剤を常用しているので
この報道に不安を抱き 病院に問い合わせた

単純に考えると国内流通の8割の医薬品に未承認中国原薬が含まれていることになる

その結果 製薬メーカーから出された文書で
服用中の製剤は該当しないことがわかりホッと胸を撫で下ろした

ところがさらに数日後 抗てんかん薬の成分ゾニサミドの製造においても
同様の変更が行われていることが発覚した

これら問題のある原薬を用いた製剤を回収し
別の原薬に切り替えるとなると影響があまりにも大きいので
PMDAは安全性,有効性に問題なしと判断して
回収の措置を採ってはいないが
本来は当然回収しなければならない事例である

こんな不合理で法や患者を無視した良心の欠片もない大手原薬メーカーには
一日も早く改善命令を出し罪を償わせ 再発防止策を徹底させるべきだと考えている

このメーカーにはどこかに驕りがあったのではなかろうか
鉄槌が下るまで気づかないのは
先日の都議選で惨敗した政党と同じだと感じるのは
果たして私だけだろうか

生シラス丼

陶芸展の打ち上げに生シラス丼を食べに行ってきました
小松島市・和田島の小松屋

前回行ったときは生シラスがなかったのですが
今回はありつけました



生シラスと釜揚げシラスのハーフ丼
味噌汁にも釜揚げがたっぷり入っていました

丼から溢れんばかりの生シラスと釜揚げが
海苔の香りたっぷりの酢飯に絡んで
とてもうまかったです

大将が身体を壊して
メニューが減っていたのが残念でしたが
十分満足しました
プロフィール

pottery cozy

Author:pottery cozy
FC2ブログへようこそ!

陶工房/宏磁窯の他愛ない出来事を綴ります

ニックネーム:pottery cozy
都道府県:徳島県
性別:男性
血液型:AB
その他:1951年生まれ,射手座

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR